合格体験記

   

札幌医科大学医学部現役合格 酒井颯太君(函館ラ・サール卒)

   
函館ラ・サール学園前校でサッカー部と両立、念願の医学部合格!

 僕はサッカー部に所属していたこともあり、勉強の時間が中々取れませんでした。
 高2の冬に少しでも勉強の習慣をつけようと第一ゼミナール・東進衛星予備校に入学し、少しずつですが勉強を続けました。自分ひとりでは部活と勉強を両立させることはとても大変でしたが、東進の先生のアドバイスで効率よく勉強できたと思います。また、成績が伸び悩んだ時も、ポジティブな後押しをして頂きました。だからこそ、目標であった医学部医学科に現役合格が出来たのだと思います。とても充実した環境で、良い刺激をもらいながら成長できました。

   

札幌医科大学医学部現役合格 山崎翔太君(函館ラ・サール卒)

   
函館杉並校で陸上部と両立、東進で頑張り続け医学部合格!
   

 僕は陸上部に所属しながら第一ゼミナール・東進衛星予備校で勉強しました。少しの時間でもできるだけ毎日東進校舎に行き、しっかり勉強したことで成績が上がりました。
 東進は難易度別に豊富な講座と素晴らしい講師陣がいるため、スムーズに先取り学習が出来る点も良かったです。僕は数学を先取り学習したことで2次試験対策を余裕を持って行えました。
 また、東進校舎では適度な緊張感を持って受験勉強に取り組むことが出来、集中力も増しました。頑張り続ければ結果は付いてきます。あきらめずに頑張ることが大事だと思います。

東北大学工学部合格 村本雅弥君(函館中部卒)

   
札幌に行かなくても第一ゼミナール・東進で難関大学に合格!

 現役時代の私は、勉強と息抜きの切り替えをうまく出来ず時間を浪費してしまう日々を送っていました。
 しかし第一ゼミナールに入塾後の個人面談で自分に何が足りないか、それをどのように克服していけば良いかが明らかになり勉強の効率が格段に向上しました。
 さらに質の高い東進の授業で基礎力を揺るぎないものにし、難易度の高い問題でも対応できる力を身につけることが出来ました。受験勉強で最も大切であり、最も難しいことは”やるべき事を淡々とやる”と言うことだと思います。札幌や東京の予備校に行かなくても第一ゼミナールは勉強に適した環境があり、集中して学習を続けられたことで第一志望大学に合格することが出来ました。
 第一ゼミナールは大学受験のために学力を伸ばすだけでなく、大学入学後の学びに対する姿勢を会得する場でした。これから浪人する皆さんの1年間が有意義なものになることを祈っています。

岩手大学理工学部現役合格 松田望君(函館中部卒)

   
函館杉並校でハンドボール部と両立、第一志望校に合格!

 僕はハンドボール部に所属しており、高2の冬まではほとんど勉強していませんでした。さすがに焦りを感じ始め、第一ゼミナール・東進衛星予備校に入学しました。
 何から始めて良いか全く分からなかった僕に校舎の先生は丁寧に教えて下さり、コツコツと勉強を進めることが出来ました。結果が出なくて落ち込んでいる時は、先生の励ましや応援が心の支えになりました。
 このような暖かい支援があって最後まで頑張ることが出来て第一志望大学に合格出来ました。僕はぎりぎりセーフでしたが、受験勉強はできるだけ早く始めるべきだと思います。