//自動再生有効 //自動再生有効
中途半端じゃ大学入試は勝てない!本気で勉強して、ガッツリ成績を上げてみないか?!

現在の中2生が大学受験する2020年度に入試大改革が行われます。現在小学生の皆さんは全員この試験を闘うことになります。今までの学習塾でその対策は十分ですか? おそらく話題にすらなっていないのではないですか? これからの学習塾は、単に高校入試を目指すだけでは不十分です! 「究極の個別指導」の第一ゼミナール・東進ネットで21世紀型の学習塾を体験しませんか?

最近耳にすることが多くなってきましたが、東進中学ネット、四谷大塚ネットとふつうの学習塾との違いって何ですか?
 塾の多くは、目の前の定期試験と高校入試対策を目的にしていますが、第一ゼミナール・東進中学ネット、四谷大塚ネット(小学生対象)は「究極の個別指導」の実現を目指しています。まず「学年の壁」をなくしたい。ある科目が得意な子は一つ上、二つ上、何なら高校内容かそれ以上を学ぶことが出来る。逆に一つ下、二つ下の学年の分を学んでもいい。これが今までの塾だとできなかった。東進中学ネット、四谷大塚ネットは、生徒一人一人に合わせて、それが自由自在に出来るんです。
 実際に上の学年の分を学ぶ子っているんですか?あるいはその逆の子もいるんですか?
 もちろんです。小学6年生で、英語が得意ですでに英検3級を取っている。こんな生徒が、中学生になって1年の教科書だけを学ぶのはおかしいですよね。だから、首都圏の中高一貫校を対象にしたコースで学んでいます。逆に、中3生で、理科や社会がさっぱり分からない。受験に間に合わせるために1年間で中学内容をすべて終了させて、高校合格した生徒もいます。
 確かに個別学習だから可能なんですね。でも、直接、先生が教えるんではないですよね、その辺が心配ですよね。
 まず、生徒の多様な学力レベルや目標に先生を一人一人張り付かせるのは現実的ではありません。おそらく、実現したとしても相当多額の費用が必要だと思います。特に、地方の町で、全教科、全レベルを揃えるのは全く無理だと思います。東京ですら実現はしていませんからね。
 それに、東進中学ネットの授業は、とにかく生徒自身が言うんですが、あっという間に終わるほど、面白い、飽きが来ない作りになっているんです。まず、教える先生たちがすごい!東京でも著名な「教え上手」な先生をずらっと揃えています。
 体験授業を見ましたが、英語、数学はもちろんですが、国語の授業がとても面白く、ためになりました。私が勉強したいくらいでした。(笑)
 宗慶二(そうけいじ)先生ですね。大学受験の先生でもありますし、基礎、基本をしっかりやってくださいますね。あと、授業だけでなく、全科目とも開始前にウオーミングアップ・ドリルで勉強する頭脳に切り替えさせたり、授業後は復習トレーニングをし、その後の確認テストで授業の成果が点検されます。さらに宿題ドリルも出されます。結構盛りだくさんですよ。理科、社会も「プリント渡して、はい、お終い」ではなく、英・数・国と同じ方式で進みます。この辺りは普通の塾ではあまり出来ないんじゃないでしょうか。
 だいぶイメージがわいてきました。でも、授業には人間が全く関わらないんではないんですか? それで大丈夫なんでしょうか?
 授業は東進の先生が行いますが、学習指導は人が大きく関わります。全く逆です。第一ゼミナール・東進中学ネット、四谷大塚ネットは、担任による面談指導、我々は「コーチング」と読んでいますが、をとても大事にしています。毎回、毎回の学習状況を確認し合い、今後の課題とその対策の一致を図る定期面談の他に、未来ある子供たちに、これから期待される人間像や職業像、もちろん、大学受験についても積極的に情報を提供しています。
 特に、2020年度のセンター試験廃止に伴う大学の新制度入試は、これまでと全く異なる入試になり、現在の中学1年生からその対象になります。それを見据えた指導を徹底していきたいと思います。
 最後にお訊きしたいのは、月謝とか費用なんですが、「東進はお高い」ってよく聞くんで、心配なんですが。
 高い? 誤って伝えられている気がします。一般に学習塾は「月謝制」ですが、東進中学ネット、四谷大塚ネットは「講座制」、つまり講座1年分の買い取り制なので一見して高く見られるんだと思います。
 具体的には、1年でどの程度かかるんですか?
 もし、中学1年生が、中学対応レベルの数学を勉強したいとしましょうか。年間45分授業を96回分学ぶことになります。これで、税込み15万5千220円です。英語も同様です。国語はその半分、理・社も同じく半分の授業料です。仮に、英・数を1年間学ぶと、総額が31万円程度ですが、冷暖房費や教材費は全くかかりません。大手学習塾は年額でしたらこれを上回っているんではないでしょうか。
 そうですね。2020年度からの新制度入試を考えると、おカネの問題ははともかく、どの学習塾が最適なのかをよく考える必要がありますね。ありがとうございました。