/>

第一ゼミナールの公式サイトです

2024年度入試合格実績

★2024年大学入試合格状況★

東北大学・理学部化学系化学科/東北大学・工学部化学バイオ工学科/東北大学・理学部生物系生物学科/北海道大学・医学部保健学科看護学専攻/弘前大学・医学部医学科/筑波大学・人文文化学群/横浜国立大学・経営学部/弘前大学・医学部保健学科放射線技術学専攻/埼玉大学・教育学部/北海道教育大学・教育学部函館校
早稲田大学・理工学部/慶應義塾大学・理工学部建築学科/慶應義塾大学・総合政策学部/明治大学・理工学部応用化学科/東京理科大学・理学部化学科/同志社大学・文化情報学部/同志社大学・経済学部/北里大学・獣医学部獣医学科

★2024年高校入試合格状況★

慶應義塾高校/函館ラ・サール高校/函館中部高校・普通科/函館中部高校・理数科/遺愛高校特進クラス・特待/立命館慶詳高校SP

高校コース1 高校コース2

函館から東大・北大・医学部・早慶へ!

学習塾

 第一ゼミナール・東進の塾長の石田清です。函館の高校生の皆さん、少しだけ耳の痛いお話をさせて下さい。
皆さんは高校に入られたときに、大学入試についてどのように考えていましたか? 「僕は○○高校に入ったんだから、北大くらいは入れるだろう」とか「医学部だって頑張ればなんとか」とか「部活を頑張って高3になってから受験勉強を始めよう」とか思っていませんでしたか?
 実は、その思いはあまりにも現実離れしていて、実現することはとても困難だと思います。大学入試は地元の中学生同士の競争である高校入試とは別次元なのです。大学入試は全国の大学を目指す高校生同士の競争です。しかも、難関大学に至っては、小学生時代から進学塾や予備校で鍛えられ受験対策を続けてきた東京始め大都市圏の高校生がライバルとなるのです。東大を例に取ると、合格者の半分が東京勢です。北大は7割が道外勢です。現に、函館から東大に合格する高校生はゼロか1,2名程度、北大ですら10名程度です。国公立大学医学部に一般入試で合格する高校生もほんの数名に過ぎません。
 函館はまさに受験後進国なのです。その理由は、そもそも驚くほど勉強をしないこと、また、大学を強く意識した受験勉強を始める時期があまりにも遅く、東京などと違って「高校の勉強と問題集を解きまくれば大丈夫」の「独学派」が主流だからです。断言します!難関大学合格はそれでは無理です。武器を持たずに素手で敵と戦うようなものだからです。
 もし、東大、北大などの旧帝大、医学部、早慶など難関大学を目指すなら、函館でもっとも合格実績の高い第一ゼミナール・東進での学習を是非検討下さい!


第一ゼミナール・東進は最も進んだ高校生の学習塾

12段階のテキストは分かりやすい

中3レベルから東大入試まで12段階に構成されたテキストは、とにかく分かりやすい。書き込みも自由に出来る。英・数・国・理・地公の全教科・科目が揃っている。選択は自由。

授業が分かりやすい、面白い

教えるのは受験界のNO.1の先生たち。とにかくていねいで分かりやすく面白い。日常学習から共通テスト対策はもちろん、北大、医学部、東大、早慶対策もバッチリ出来てしまう。

単語力が短期間で完成する

共通テストに出る単語が最短12時間で完全に覚えられる。英熟語・文法・長文、数学計算演習、古文単語・文法、マンガ日本史などスマホやタブレットでどんどん進めてしまう。

担任が親切で優しい、何でも相談できる

生徒をお世話する担任は常に生徒に寄り添っている。受験に関して何でも相談できる親切で優しい先生。学校の宿題も聞けたりする。いつもモチベをアップさせてくれる頼もしい先生。

定期試験対策ができてしまう

数学、物理、化学、生物の高校対応シリーズは3レベル構成で定期試験対策もバッチリ。特に、『高等学校対応コース』は教科書対応で定期試験に特化しているおすすめコース。推薦入試の強力な切り札。

>

部活生も自由な時間割で続けられる

高校生は何かと忙しい。部活、学校行事、定期試験などなど。でも、心配はいらない。時間割は生徒ひとり一人の予定に合わせて自由に作成できる。だから、大学受験まで安心して続けられる。