第一ゼミナールの公式サイトです

2025年度共通テストまで
あと

函館山

函館から東大・北大・医学部・早慶へ

AIをも駆使した最高の授業と学習サポートを提供します。

2024年度入試合格実績

★2024年大学入試合格状況

東北大学・理学部化学系化学科/東北大学・工学部化学バイオ工学科/東北大学・理学部生物系生物学科/北海道大学・医学部保健学科看護学専攻/弘前大学・医学部医学科/筑波大学・人文文化学群/横浜国立大学・経営学部/弘前大学・医学部保健学科放射線技術学専攻/埼玉大学・教育学部/北海道教育大学・教育学部函館校
早稲田大学・理工学部/慶應義塾大学・理工学部建築学科/慶應義塾大学・総合政策学部/明治大学・理工学部応用化学科/東京理科大学・理学部化学科/同志社大学・文化情報学部/同志社大学・経済学部/北里大学・獣医学部獣医学科/星薬科大学・薬学部薬学科


★2024年高校入試合格状況

慶應義塾高校/函館ラ・サール高校/函館中部高校・普通科/函館中部高校・理数科/遺愛高校特進クラス・特待/立命館慶詳高校SP


一日体験

志望大学に合格しました!

三坂 陽華 遺愛女子高校
北海道大学・医学部保健学科看護学専攻

三坂 陽華私は高校1年生から入塾し、塾の開いている日はなるべく毎日登校しました。
私は一人ではなかなかやる気の出ない性格ですが、塾に来ると頑張っている方が沢山いるので、その姿に感化されながら勉強出来たことがとても良かったと思っています。
 特に力を伸ばしてくれた講座は「共通テスト過去問講座」だと思います。通常の講座を早い時期に終わらせて共通テストの対策に切り替えることで、くせの強い共通テストにも対応出来る力を身につけられました。特に苦手な科目では、文章での解説だけではなかなか頭に入ってこないものですが、解説授業を受講することでより早く深い理解が出来ました。
 担任の石田先生に相談にのっていただきながら、計画的に受講を進めることが大切だと思います。3年間私の受験を支えて下さり、本当にありがとうございました。

1

池田 琉晟 市立函館高校
埼玉大学・教育学部

池田 琉晟 僕が第一ゼミナールに入塾したのは、高校2年生の冬でした。第一ゼミナールに通ったこの1年間で正しい勉強法がどれだけ大切か身をもって実感しました。
6月なかばまで部活をやっていた僕はとにかく時間がありませんでした。
共通テスト演習」は、そんな僕にぴったりの勉強法でした。 演習後、すぐにわからないところが動画でスムーズに復習できて、どんどん進めることができました。
 第一ゼミナールは自分一人ではとうてい実現できない可能性を引き出してくれます。僕は1年間で約280点伸ばすことができました。
担任の石田先生、塾長をはじめ本当にお世話になりました。1年間第一ゼミナールで勉強できて良かったです。ありがとうございました。

佐藤 凜 函館中部高校
北海道教育大学・函館校

佐藤凜 私は高校3年生から第一ゼミナールに通って勉強してきました。苦手教科で少しでも点数を上げルことを目標に、映像授業と高速基礎マスターに励みました。
 私は一人ではなかなか勉強が追いつかなかったけれど、校舎担任の石田先生との面談で学習の進め方を相談できて、無理ないペースで勉強をすることが出来ました。少しずつ過去問の点数が上がり始め、得意教科でも点数を伸ばすことが出来るようになりました。
 始めた頃は模試で全く点数がとれなかったのですが、第一ゼミナールで勉強しているうちに1,2年生の頃よりも確実な知識を身につけることが出来、共通テストで合格できる点数まで伸ばすことが出来ました。
 自分の勉強だけでは大学受験は無理だったところか<ら始まって、第一ゼミナールのおかげで合格することが出来ました。本当に有り難うございました。

一日体験

更新情報・校舎ニュース

函館から東大・北大・医学部・早慶へ!

学習塾

第一ゼミナール 塾長 石田清
函館の大学受験状況は悪化の一途を辿っています!
函館の北大の現役合格者はわずか10名内外、国公立大学医学部の一般入試合格者はほんの2.3名に過ぎません。東大、京大に至ってはほぼ皆無の状態です。
理由ははっきりしています。大学入試に対する備えが時期的にあまりにも遅く、また、あまりにもおざなりだからです。
小学生の頃から将来を見据えた受験対策を始める東京始め大都市と、函館など地方の街との受験格差は拡大する一方です。 このままでは函館は大学受験後進国の汚名を甘んじて受けざるをえません!
しかし、私たち第一ゼミナールはAIを活用した対面学習をも駆使し、地方の街・函館から難関国公立大学や難関私立大学、医学部に合格させられるだけの体制を確立してきました。北大や医学部合格者の大半は当校で学んだ生徒たちです。
受験勉強への環境さえあれば、函館の高校生や中学生だって東京に負けることはありません。
大学進学を目指すなら、是非、当第一ゼミナールへのご入学をご検討ください。