最新大学受験・教育ニュース

2018/02/17
【大学受験2018】京大特色入試・阪大世界適塾入試、今年も定員割れ
 SAPIX YOZEMI GROUPのWebサイト「京大研究室」は2018年2月15日、京都大学特色入試と大阪大学世界適塾入試の2018年度選考結果分析を掲載した。両入試とも合格者数は前年より増加したものの、募集人員に満たなかった。大阪大学は女子の合格者が56.8%を占めた。

「京大特色入試と阪大世界適塾入試 2018年度選考結果」は、京都大学と大阪大学のAO・推薦入試の結果発表を受け、傾向や特徴をまとめたもの。

 京都大学の特色入試については、募集人員135人に対し、合格者数は前年より9人多い106人(法学部後期日程を除く)で、工学部(+8人)、人間健康科学科看護(+5人)、薬学部(+4人)などで合格者が増加。志願倍率も前年の3.9倍から5.2倍に上昇した。

 その一方で、合格者が募集人員に満たない学部・学科が14あり、合計で31人の欠員が生じた。工学部情報学科は、志願者8人に対し、第1次選考で1人に絞り込まれ、最終合格者は0人。前年も合格者が0人で、選考には「調査書」「推薦書」「学びの設計書」「顕著な活動実績」が必要とされ、第2次選考には「口頭試問」「センター試験の結果」も加わることから、「大学が期待する提出書類は相当高い水準と考えた方がよさそう」と分析している。

 なお、特色入試の欠員分は各学部・学科の前期募集人員に追加されるため、一般入試の競争率は若干緩和。全国的に後期日程の募集人員が縮小する中、後期日程を実施する法学部は18.6倍と高い志願倍率で、東京大学前期日程出願者からも狙われるハイレベルな入試が予想されるという。

 大阪大学の世界適塾入試は、募集人員309人に対し、合格者は176人。前年より58人増えたものの、充足率は57%と低調で、外国語学部25専攻で合格者を出したのは6専攻のみ、理学部数学科や物理学科でも合格者0人だった。

 一方で、保健学科看護は募集人員5人に対し、合格者は10人。国立大学の推薦入試としては珍しいケースだが、「口頭試問などで丁寧に選抜された結果、看護学生として大学が求める受験生であれば、今回のように定員を大幅に上回ることもあるのでしょう」と指摘している。

 男女別の合格者数は、男子76人に対し、女子が100人と、全体の56.8%を占めた。医学部医学科で合格者4人全員が女子など、大半の学部で女子が男子を上回った。

[リセマム 2/16(金) 13:00配信]
2018/02/14
<北海道>道内の高校で推薦入試 4360人が受験
 道内155の公立高校で推薦入試が行われ、4360人の受験生が筆記試験や面接試験に挑みました。
 札幌旭丘高校では61人が英語の聞き取りテストや筆記試験、面接試験に臨みました。今年の推薦入試は道内155校、9438人の定員に対し、4360人が出願し出願数は例年並みです。結果は、21日までに中学校を通して伝えられます。また、公立高校の一般入試は来月6日に行われ、16日に合格者が発表されます。

[HTBニュース /14(水) 12:22配信]
2018/02/13
新大学入試 英語のプレテスト実施 筆記・聞き取りとも新傾向問題を試行

 大学入試センターは、現行のセンター試験の後継として2020年度(21年1月)から実施する「大学入学共通テスト」の英語のプレテスト(試行調査)を2月13日から始めた。全国の158校で高校2年生が受ける。プレテストの問題は「実際のコミュニケーションを想定した明確な場面」などを重視するとして、センター試験とは筆記(リーディング)・聞き取り(リスニング)試験とも問題構成を大幅に変えた。結果を検証して本番の問題を検討するという。
.

158校の6720人が対象

 プレテストは47都道府県の高校158校(公立94校、私立60校、国立4校)の2年生が受ける。大学入試センターが集計する正式な調査対象は6720人で、1校あたり1クラス程度だが、学校が希望し学年全員に受けさせるケースもあるという。プレテストは3月3日まで各校で順次実施され、問題は3月中旬に公表される。
.

発音・語句整序などは出題せず

 昨年11月に実施された国語など他教科のプレテストでは、現行試験から構成が大きく変わった。今回の英語もだいぶ変わりそうだ。大学入試センターが事前に公表した「出題のねらい」によると、「実際のコミュニケーションを想定した明確な場面、目的、状況の設定を重視する」という。具体的には、筆記試験では「テキストを読み事実や意見等を整理する力、テキストの構成を理解する力、テキストの内容を理解して要約する力等を問う」としている。一方、センター試験で長年出題されている発音、アクセント、語句整序などの問題は「出題されません」と明言している。


リスニング「1回読み」も

 リスニング試験は「複数の情報を比較して判断する力や、議論を聞いて要点を把握する力等を問う」という。音声の流し方も変えた。センター試験では、問題音声が2回読み上げられているが、プレテストでは受験者を2グループに分け、片方のグループは全ての問題を2回読み上げ、もう片方では一部の問題を1回だけ読み上げて結果を検証する。また、現行試験と異なり、アメリカ英語以外のイギリス人による英語や、英語を母語としない人による読み上げも試行される。筆記、聞き取りとも「(問題内容を)本番でどうするかの結論は決まっておらず、試行調査の分析結果次第」(大学入試センター)という。


生徒「ネーティブの発音に慣れないと」「内容理解を」

 東京都立井草高校で13日にあったリスニングのプレテストを受けた同校の女子生徒は「今までになかった形式があった」としつつも「授業でも英検などでもリスニングはある」と戸惑いはあまりなかった様子。同校の別の男子生徒は「今までに練習してきた問題比べ、速度もあまり変わらなかった」と話した。2人は英語が得意で、英検2級という。
.

 音声を流す回数について2人は「2回流すのがいい。1回だと、周りが咳をしたときなどに聴けない」(女子生徒)、「2回流したほうが、焦ったときも確実に理解して解ける」(男子生徒)と「2回読み」を求めた。新テストを受ける人へのアドバイスを聞くと「ネーティブの発音に慣れないと聞き取れない。単語も分からないと」(女子生徒)、「今までの試験は単語から答えを導けたが、今回は内容を理解していないと解けない。内容を理解する聞き取りの練習をしていると、本番でも失敗しないと思う」と語った。
.

大学入試の英語、2段階で改革

 文部科学省は、新テストの英語を2段階で改革する。20年度から大学入試センターで作成する英語の問題を刷新。あわせて、英語4技能(聞く・読む・書く・話す)を測る民間の資格・検定試験を受験生に受けてもらい、結果を各大学の入試に活用できるしくみを導入する。24年度からは、センターが作成する英語試験はとりやめ、民間試験の利用に一本化する方針だが、大学や高校の関係者からはセンターによる出題をやめないよう求める声が出ている。(西健太郎)


[高校生新聞 2/13(火) 12:02配信]
2018/02/10
立命館大、北陸大雪影響の入試欠席者に受験料返還
 立命館大は9日、7〜9日に実施した一般入試において北陸の大雪で欠席者が出たとみられるため、公共交通機関の乱れの影響による金沢市の会場の欠席者に受験料を返還し、3月7日に実施する入試において特別に福井市に会場を設ける、と発表した。
 立命大によると、入試を同時に実施している立命館アジア太平洋大と合わせて、金沢市の会場では、7日は出願者369人に対し46人、8日は同126人に対し17人がそれぞれ欠席していた。

[京都新聞 2/10(土) 6:30配信]
2018/02/09
大学入学共通テストの英語、高校教員の42%が国立大学協会方針に反対
 河合塾は2018年2月8日、Kei-Netに「大学入学共通テストに関する高等学校教員アンケート」を掲載した。大学入学共通テスト「英語」と民間の資格・検定試験の両方を活用する国立大学協会の方針について、教員の42%が「反対」と答えたことがわかった。

 アンケートは、河合塾が2019年11月〜12月に実施。進路指導に携わる高校の先生を対象とした入試動向説明会(全国47会場)に参加した1,963人を対象に、2020年度より導入される「大学入学共通テスト」(共通テスト)について調査が行われた。

 共通テストにおける英語は、4技能を評価するために民間の資格・検定試験(認定試験)を活用する方向性が示されている。ただし、2023年度までは移行期間として、各大学の判断で共通テストと認定試験のいずれか、または両方を選択利用できる。一方、国立大学協会は2017年11月発表の「平成32年度以降の国立大学入学者選抜制度の基本方針」において、国立大学の一般選抜では全受験生に両方を課す考えを示している。

 河合塾が行ったアンケートは、この国立大学協会の方針について賛否を問うたもの。対象者のうち1,575人が回答しており、「反対」42%と「賛成」22%を大きく上回った。「反対」の理由としては、両方必須では受験生・学校側に大きな負担がかかるという意見がもっとも多かったという。そのほか、民間の資格・検定試験は地域や経済的な事情から受検機会が公平ではない、4技能は民間の資格・検定試験で評価できるため2技能を評価する共通テストは不要との意見もあがっていた。

 「賛成」の理由では、一律同じ対応であれば受験生にとっては志望校変更がしやすい、共通テストと認定試験を併用することで一定の公平性が担保されるのではないかという意見がみられた。

 なお、「反対」「賛成」ではなく「どちらでもない」という回答も36%を占めており、新テストについてまだ理解してないという声もあるという。河合塾では、文部科学省や各大学の対応方針発表の遅れが、学校現場での周知の遅れにつながっていると指摘している。

 また、アンケートでは「国語」「数学」で導入される記述式問題についても、自由記述で意見を聞いた。思考力・表現力を測るにはよいといった好意的な意見がある一方で、採点基準などに不安を感じるという意見もあった。

[リセマム 2/9(金) 12:45配信]
2018/02/08
【大学受験2018】京大、第1段階選抜(足切り)の合格発表
 京都大学は2月7日、平成30年度(2018年度)一般入試志願者数と第1段階選抜合格者数を発表した。前期日程の募集人員2,648人に対して、志願者数は7,861人、第1段階選抜合格者数は7,767人。薬学部と農学部では第1段階選抜が実施されなかった。

 京都大学は、志願者が募集人員を大幅に上回り、個別学力検査を適切に実施することが困難な場合には、大学入試センター試験の成績などにより第1段階選抜を行う。学部によって選抜方法が異なり、たとえば医学部医学科は、大学入試センター試験の5教科7科目の得点(英語は250点満点を200点満点に換算)が900点満点中630点以上の者のうちから募集人員の約3倍までの者を第1段階選抜合格者とする。

 前期日程の募集人員2,648人に対して、志願者数は7,861人、志願倍率は3.0倍。各学部の志願倍率は、教育学部(文系)が3.6倍、教育学部(理系)が4.1倍、経済学部(文系)が3.1倍、経済学部(理系)が5.2倍、医学部が3.3倍、薬学部が3.0倍、農学部が2.7倍など。

 第1段階選抜は、薬学部と農学部以外の学部で実施し、7,767人が合格した。各学部の合格者数は、総合人間学部が404人、文学部が698人、教育学部が198人、法学部が817人、経済学部が675人、理学部が745人、医学部が549人、薬学部が223人、工学部が2,702人、農学部が756人。

 前期日程個別学力検査は2月25日と26日、合格発表は3月10日正午に実施。医学部医学科のみ2月27日に面接を行う。

[リセマム 2/8(木) 11:15配信]

355-1.jpg

2018/02/07
入試の複数回実施 検討必要
衆議院の予算委員会で6日、安倍首相は、2020年度から新たな大学入学共通テストの導入が予定される中、今後は、入試の複数回実施の検討も必要だとの考えを示した。
安倍首相は、「一発試験で負荷が高い。大雪に遭ったり、体調が悪かったら、自分の人生が決まってしまうことにもなる。諸外国の状況等も十分に勘案しつつ、日本は、この仕組みにおいては検討する必要がある」と述べた。
安倍首相は、「大学に行くときに1回の試験で全てが決まるというのは、ほかの先進国では、ほぼ例がない」と述べて、2020年から、現行の大学入試センター試験にかえて、新たな大学入学共通テストとなることもふまえて、複数回の試験を検討する必要性を挙げた。
また、林文部科学相は、12月に実施する案を文部科学省として示した際に、高校関係者から「受験までに授業内容が終了しない」などの懸念があったとしつつも、「2024年度以降の複数回実施の実現可能性について検討を進めたい」と述べた。

ホウドウキョク 2/7(水) 11:05配信]
2018/02/06
学生人気が高いマンモス大学はどこ? 気になる学生数ランキング!
学部生のみを集計

メディアで報道されることも多い大学の学生数。実はその多くは大学院や通信大学なども含まれていることが多く、学部学生の数だけが公表されることは少ない。今回は、独自の調査により学部生のみを集計した、2017年度学生数ランキングを決定! あなたの母校は何位?

1位は圧倒的な学生数のあの大学!

■1位:日本大学
学生牧場の異名をとる日本大学がやはり1位! なんと計6万7933人の学生が在籍している。そのうち男子が4万6390人、女子が2万1543人、女子比率は31.7%だ。圧倒的な学生数を誇る。

■2位:早稲田大学
文武両道なエリート校として知られる早稲田大学は、2位。計4万1333人で、男子が2万5813人、女子が1万5520人、女子比率は37.5%。

■3位:近畿大学
「近大」という愛称で知られ、関西地方の学生たちから多大な人気を誇る近畿大学が3位。学生数計3万3125人で、男子が2万3119人、女子が1万6人、女子比率は30.2%。

おまけ:気になる女子学生の数と割合は……?

■女子学生の人数が多い大学ランキング
1位日本大学2万1543人(女子比率31.7)、2位早稲田大学1万5520人(女子比率37.5)、3位立命館大学1万2092人(女子比率36.5)

■女子学生の割合が高い大学ランキング
1位上智大学 女子比率58.5(7354人)、2位南山大学 女子比率56.4(5520人)、3位青山学院大学 女子比率49.9(8947人)

受験を控える学生や、受験生が家族の中にいるご両親にとって、大学の学生数というのは気になるところ。いわゆるマンモス校と呼ばれる大学に在籍するのか、学生同士が密にコミュニケーションをとれる大学に在籍するのか、選択次第で、4年間のキャンパスライフが大きく変わる。女子学生の比率も、大学のイメージづくりにとっては重要な点だ。ちなみに日本大学、東京大学、東京理科大学、明治大学は武道館で入学式を行っているらしい。

(出典:『大学なんでもランキング大全』)

[竢o版社 2/5(月) 19:11配信]
2018/02/03
大学に入って一人暮らしするならここに住もう【明治・中央大学編】

 大学入試センター試験も終わり、いよいよ受験シーズンに突入。受験生の中には、大学に入ったら一人暮らしを始める人も多いだろう。初めての一人暮らしに心が浮き立つのは分かるが、住む場所の当たりハズレは、学生生活の充実度に大きく影響するもの。併願する受験生も多いであろう明治大学や中央大学に合格した場合、どこに住むのが正解なのか? ライターの金子則男氏がオススメの街を紹介する。
.

【明治大学】
 明治大学は、学部によって和泉、駿河台、生田、中野などのキャンパスがありますが、ここでは最も多くの学生が通う「和泉→駿河台」のパターンのオススメの街を紹介しましょう。
.

(1)下高井戸
 一人暮らしでまず考えるべきは、学校のすぐ近く。和泉キャンパスの最寄りの明大前駅付近も学生向け物件は多数ありますが、徒歩圏内で、なおかつ駅前が充実した下高井戸がオススメです。下高井戸は日大文理学部の最寄り駅で、学生向けの飲食店や居酒屋が多数存在。駅前には昔ながらの商店街が広がり、路面電車の世田谷線が走っていて、程よい賑やかさと適度な落ち着きが共存した街です。学生には映画館(下高井戸シネマ)の存在も魅力的でしょう。
.

(2)調布
 明治大学の学生が一人暮らしをする場合、まず検討するのは京王線沿いでしょうが、京王線で今もっとも注目の街が調布です。もともと駅近辺にはスーパーが多数あり、暮らしやすい街でしたが、駅前の大規模な再開発が進行中で、家電量販店やシネコンも完成。もはや新宿に出る必要さえなくなりました。
.

 明大前までは特急なら1駅で、新宿までも15分程度。駿河台キャンパスまでも1時間程度。23区外まで来れば、家賃もグッと下がります。
.

(3)笹塚
 3・4年で駿河台に通うことを考えると、「できれば中間に」と考えるのは自然なこと。通学時間を短くしたいのなら、オススメするのは笹塚です。和泉までは徒歩圏内ですし、駿河台までは、都営新宿線に乗り入れているので、神保町まで行けば1本。駅北側には庶民的な商店街が広がっていますし、駅の南側の物件を選べば、下北沢で遊ぶという選択肢も出てきます。


【中央大学】
 キャンパスの移転問題で、かなり流動的な状況なのが中央大学です。中大には、ほとんどの学部が存在する多摩キャンパスや、理工学部などがある後楽園キャンパスなどがありますが、看板学部の法学部が都心への移転を予定中。中には、在学中にキャンパスが引っ越しする学生もいるでしょう。ここでは、多数の学生が通う多摩キャンパスの学生向けのオススメタウンを紹介しましょう。
.

(1)高幡不動
 何はともあれ第一に検討したいのは、京王もモノレールも通る高幡不動です。大学まではあっという間ですし、都心へ出る利便性も考えると、まず探すべきはここ。物件探しに出遅れた場合は、隣駅の百草園や南平、万願寺などを選ぶと良いでしょう。
.

(2)多摩センター
 駅前の充実度では高幡不動に勝るのが多摩センターです。駅前の三越デパートは残念ながら撤退してしまいましたが、一通りの買い物はできますし、居酒屋、飲食店、ファストフードなども揃っています。京王、多摩モノレールに加え、小田急も通っていることも魅力的。一帯には、中央大学のほか、帝京大学、明星大学、多摩大学、東京薬科大学など、大学が多数あり、学生向けの物件は充実しています。
.

(3)京王堀之内
 多くの学生が住んでいるのが京王堀之内です。多摩キャンパス付近には、野猿街道と多摩ニュータウン通りという2本の幹線道路が通っており、何かとこの道路を使うことになります。それらを有効に使えるのが京王堀之内。便宜上、駅名を上げましたが、最寄り駅が京王堀之内になるというだけで、実際には自転車やバイクなどで通学することになるでしょう。

[マネーポストweb 2/3(土) 13:00配信]
2018/02/02
<国立大>入試ミス防止へルール作成…文科相が方針
 大阪大と京都大で入試ミスが相次いで発覚したことを受け、林芳正文部科学相は2日の閣議後記者会見で「入試ミスの防止や適切な対応のためのルールづくりを進める」と述べ、2019年度入試から解答例の公開などに一定の基準を設ける方針を示した。

 問題の解答例は、国立大学協会が入試の指針で開示するよう求めているが、文科省によると、国立大学で開示しているのは半数程度にとどまる。

[毎日新聞 2/2(金) 10:50配信]

- Topics Board -