最新大学受験・教育ニュース

2017/04/21
男は女にボロ負け! TOEIC平均スコア140点差の謎
■男性完敗!  TOEIC平均スコア 女性が男性の1.3倍

 多くの企業が社員の英語力を測る基準として、TOEICのスコアを参照しているのは周知の事実。では、その獲得スコアに大きな男女差があるのはご存知だろうか。

 ソースネクストが今春に発表した調査結果によると、男女の獲得スコアの平均点は、男性526点に対し、女性は668点(注1)。男性より女性の方が1.3倍(142点)も高かったそうだ。

 しかも語学学習にかけている1カ月あたりの費用の平均を見てみると、女性が2810円に対し、男性はその1.4倍の3903円。つまり、女性の方が費用をかけずに、男性よりも高いスコアを記録している。

 限られたサンプルの調査とはいえ、この差は大きい。果たして、本当に女性の方がTOEICに向いているのだろうか。もしも、男女のスコア獲得能力に差があるとして、それはなぜなのだろうか。語学専門出版社の勤務歴10年以上の筆者が、周囲の英語の達人に意見を聞いてみた。

 TOEICでハイスコアを獲得できるタイプの人とは? 

 一般的に女性の方が語学に堪能なイメージがあるが、それは英語学習の現場の肌感覚としても同様のようだ。英語教育でトップクラスの高校に勤務していた知人によると、入試における女子の英語教科の得点平均は、常に男子よりも圧倒的に高く、入学者も女子が多かったそうだ。そういわれてみれば、大学においても語学の専門学部は女子学生ばかりだ。

 とはいえ、学生時代における専門分野の選択は、将来の進路と大きく関係している。女性に人気がある仕事に語学が必要なケースが多いなどの、社会的背景もありそうだ。しかし一方で、TOEICにおいては総受験者の男女比は男性の方が一貫して多い(注2)。つまり、男性の方がTOEICのスコア獲得のニーズが高いにもかかわらず、実際のスコア平均では女性の方が高得点なのだ。

 考えていくうちに、もしかしたらTOEICが必要とするスコア獲得のノウハウに、謎を解く鍵があるのかもしれないという仮説が生まれた。TOEICは純粋に英語力を測るために開発されたテストだが、実は中級の枠を超えるためには身に付けるべき戦術が存在する。すんなりと中級以上のスコアを獲得できる人は、TOEIC攻略のノウハウを意識せずとも実践できる性格を備えているのではないだろうか?  さらには、そういった性格を有する女性の方が、男性よりも多いのでは?

■ハイスコア者は「切り替え早い人」「疑り深く勘が鋭い人」

 そこでTOEICハイスコア保持者たちの意見を元に「TOEICスコア獲得に有利な5つの性質」をあげてみた。あなたの周囲のハイスコアを持つ女性に、共通する部分はあるだろうか。

 ● TOEICスコア獲得に有利な5つの性質

 【TOEICハイスコア者の共通点1】
見切りをつけるのが早い

 TOEICテストはリスニング100問(45分間)、リーディング100問(75分間)、合計200問を2時間で解く。ほとんどの受験生は時間が足りず、たとえスコア800点以上の上級者でもタイムマネジメントには気が抜けない。ここで大切なのは得点できない問題はさっさと捨て、解ける問題をひとつでも多く解いて点を積み重ねることだ。

 本当かどうか分からないが、恋愛の際など男性よりも女性の方が切り替えは早いといわれる。人間関係では粘りが大切なときがあるかもしれないが、TOEICでは無理目の問題はバッサリ切って、次へ行くことがスコアアップにつながる。

 【TOEICハイスコア者の共通点2】
疑り深く勘が鋭い

 ひっかけ問題が多いのも、TOEICの特徴。リスニング問題で“annual” “manual” などの似た音の単語を混在させて撹乱したり、わざと問題文と同じ単語を仕込んだ不正解選択肢を作って餌にしたり。また長文読解では、鍵となる情報を文章の複数箇所に分散して、早合点を引き起こそうとするのも定番だ。

 受験生は、出題者の「間違えさせよう」とする企みを見破って、正解に辿りつかなければならない。そのためにはいかにも正解に見える選択肢を疑い、問題が問うているポイントをつかむ勘の鋭さが必要だ。

 【TOEICハイスコア者の共通点3】
同時並行思考が得意

 スコアアップを目指すうえで絶対に身に付けたいテクニックが「問題の先読み」だ。制限時間内で大量の問題を解くには、設問を先に読み、何が問われるかを頭に入れたうえで、問題文を聞いたり読んだりしなければ、間に合わない。複数の選択肢を頭に入れ、比較検討しながら問題を解くには同時並行でさまざまなことを考える、マルチタスク型の能力が必要だ。

 一般に女性にはマルチタスク型が多いといわれる。その根拠として女性固有の脳の構造によるという説もあったが、最新の研究によるとこれは間違いらしい(注3)。しかしながら脳の構造がどうであれ、普段から家事や育児と仕事を並行して切り盛りしている人なら、並行思考はお手の物だろう。

■英語教材コスト 女性は男性より月900円少ない

 【TOEICハイスコア者の共通点4】
抜け漏れがない完璧主義

 IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が運営していることからもうかがえるように、TOEICはビジネスの現場で使用する可能性のある内容に出題範囲が限られている。つまりは学術や芸術分野の言語や高度な専門用語、スラングといわれる俗語は出題されない。TOEICの出題範囲はひとつの言語全体のなかの極めて狭い範囲に過ぎず、単語も文法も努力すればカバーできるのだ。その代わり、いわゆる「重箱の隅をつつく」問題が出題されるので、曖昧な理解では太刀打ちできない。

 前掲のソースネクストが行なった調査結果では、女性の方が男性よりも学習にかける費用が少ないことが分かっている(英語教材費は、女性は男性より月あたり約900円低い)。この結果が「限られた問題集を完璧に身に付ける」ことを意味しているのであれば、その戦略は正しい。TOEICは薄く広く学ぶよりも、狭く深く学ぶ者に適したテストなのだ。

 【TOEICハイスコア者の共通点5】
音感が鋭い

 TOEICは出題範囲が狭く努力でカバーできるテストだが、ひとつだけ努力だけでは克服できないことがある。それが英語のリスニングだ。もちろんリスニング力は慣れによってある程度向上するが、同じ努力をしても素質によって大きく結果に差が開いてしまうのも事実だ。

 フランスの耳鼻咽喉科医アルフレッド・トマティス博士によれば、日本語と英語では、使われる周波数帯が異なるという(注4)。日本語の周波数は、125HZ〜1500HZであるのに対し、英語は1500HZ以上の周波数の音が多くある。英語で使われる音域が聞き取れないと、リスニングに苦労することとなるのだ。

 残念なことに普段使っている言語と異なる領域の音を聞くのは、幼い頃のトレーニングがモノをいうらしい。そして英語の能力と音楽の能力は深くつながっているともいわれている。幼い頃から音楽教育を受けるなどして広い音域の音に親しんでいる人は、英語リスニングにおいても優位性があるだろう。


■TOEIC満点保有者は「投資の能力に長けている」

 ●結論。TOEICテストに向いているかどうかは、性差よりも個人差

 上記「TOEICスコア獲得に有利な5つの性質」をあげてみたが、これらの性質は、必ずしも女性のみに当てはまるものではないのが分かる。実際にTOEICのハイスコア保持者には男性も多いし、英語分野以外で上記のような特性が必要とされる仕事に就く男性も多い。

 たとえば株式投資のような仕事では「音感が鋭い」以外の上記全ての特性が必要とされるだろう。事実筆者が仕事をしたTOEIC満点保有者には、投資の能力に長けた人が多かった。また「音感」に関しても男女の差よりも個々の経験による差異の方が大きそうだ。偉大なミュージシャンには男性も多いし、女性でも音痴な人間は居る(残念ながら、私がそのひとりだ)。

 ただし、もしもあなたのTOEICスコアが伸び悩んでいるのなら、男女問わず上記の「性質」は参考になるかもしれない。まずは状況を知ることで、対策を始めることができるからだ。

 (注1)
http://sourcenext.co.jp/pressrelease_html/JS/2017/2017031602/
【調査概要】
調査実施日:2017年2月4日(土)〜5日(日)の2日間
調査対象:20代以上の男女
調査方法:WEBアンケート方式
有効回答数:2764件

 (注2)
2015年6月25日発表 
一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会資料より
「TOEIC® 公開テスト、2015年5月に第200回を迎える」
http://www.iibc-global.org/iibc/press/2015/p043.html

 (注3)
「男性脳」「女性脳」は存在しない? :英国の研究結果
http://wired.jp/2015/11/05/male-female-brain-difference/

 (注4)
http://english.tomatis-japan.info/tomatis_ear.html
.
ライター・編集者  蜂谷智子=文

[プレジデント 4/21(金) 9:15配信]
2017/04/20
【大学受験2018】九大、AO入試「21世紀プログラム」廃止し新学部のAO入試実施
 九州大学は4月18日、2018年(平成30年)の入学者選抜からAO入試「21世紀プログラム」を廃止することを発表。現在、設置申請中の共創学部のAO入試とて一部内容を見直して実施する。

 AO入試「21世紀プログラム」は平成13年度から導入している新しい教育プログラム。広範な教養を身に付けた専門性の高いゼネラリストの養成を目的に実施し、教育指導などの学生指導は学部の付託を受けた全学の21世紀プログラム専門委員が行っていた。

 九州大学は平成30年4月に共創学部(入学定員105人)を設置する予定。12番目の学部として国際社会で活躍するグローバルな人材を育成する。課題の発見から解決に導くために必要な態度・能力を、「能動的学習能力」「課題構想力」「協働実践力」「国際コミュニケーション力」の4つに分類し、「共創的課題解決力」を育成する。

 新学部の設置により、17年間実施してきたAO入試「21世紀プログラム」を廃止し、内容を一部見直して共創学部のAO入試として実施する。大学入試センター試験を免除し、第1次選抜および第2次選抜による選抜方法となる。

 見直されるのは、「21世紀プログラム」の2次選抜で行っていた3つの講義を受講してのレポート作成を、2つの講義(文系の内容を主とするものと理系の内容を主とするもの)を受講してのレポート作成に変更。さらに、提示された3つの講義の論題のうちから各自2つを選択してグループ討論を行う方法から、提示された2つの講義の論題についてグループ討論する方式に変更する。

 募集人員は20人で、出願は9月中旬〜下旬。1次選抜は10月上旬〜中旬、2次選抜は11月上旬を予定している。同学部はAO入試のほか、帰国子女や私費外国人などを対象にした国際型入試のほか、大学入試センター試験を利用する一般入試、特別入試(推薦)の4つの入学者選抜を実施する。

 共創学部は、現在、設置認可申請中のため内容は変更する場合がある。現在、共創学部の特設サイトを開設し、随時情報を更新している。

[リセマム 4/20(木) 12:45配信]

176-1.jpg

2017/04/19
<東京電機大>数学満点、無条件合格 来年の一般入試で導入
 東京電機大(東京都足立区)は17日、来年2月の一般入試で数学が満点の受験生を他の教科が0点でも無条件で合格にする「数学満点選抜方式」を導入すると発表した。全国的に珍しい試みで、平均的な学生が増える中、一教科に秀でた才能を持つ学生を獲得し、周囲に刺激を与える狙い。「様子を見る」という工学部を除いた理工学部、システムデザイン工学部、未来科学部で採用される。

 今年の一般入試は、数学と英語、理科(前期は国語との選択制)の3教科300点満点で実施。約1000人の募集に対し、約1万5000人が受験した。数学は記述式で、過去に満点を取った受験生は数人しかいないという。

 現在の一般入試は学生の基礎的な学力の水準を保てる一方、多様性が損なわれるとの危機感が学内にあった。入試担当者は「従来の一般入試で評価されなかった学生が増え、学内が活性化する。英語ができなくても在学中に伸ばせる」とした。

[毎日新聞 4/17(月) 19:58配信]
2017/04/18
同志社女子大、就活の交通費を一部補助
 同志社女子大学は4月1日より、首都圏や出身地などで就職活動をする学生を対象に、就職活動中の交通費の一部を補助する。補助額は1回(片道)1,000円、利用限度は2018年3月31日までに1人4回。片道5,000円以上の場合に補助の対象となる。

 補助の対象は、「2018年3月卒業・修了見込みで、就職登録をしている者」「就職採用試験を受験する者(会社説明会は除く)」「就職採用試験を実施する企業などから交通費を支給されていない者」の3つの条件を満たすこと。同志社生協旅行取扱店舗でJRの鉄道または高速バスの切符を片道5,000円以上購入した場合、補助の対象となる。なお学割利用時には学割後の価格が片道5,000円以上とする。

 利用期間は4月1日〜2018年3月31日。補助額は1回(片道)1,000円、利用限度は利用期間中1人4回まで。補助を希望する学生は、キャリア支援部に提出する。学生は同志社生協旅行取扱店舗にて補助額を差し引いた金額で乗車券を購入できる。

 なお、麻布大学も地方への就職活動支援として旅費交通費(交通費と宿泊費)の補助を行っている。補助の対象は、1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)を除く道府県に就職を希望する学生。補助額は、企業などからの旅費支給額を除いた1回(往復)あたりの旅費交通費のうち10,000円を上限とする。利用限度は在籍中1人2回まで。

[リセマム 4/18(火) 13:15配信]
2017/04/17
【センター試験2017】成績通知書の送付開始…4/25までに届かない場合は連絡を
 大学入試センターは4月16日、平成29年度(2017年度)大学入試センター試験の成績通知書の送付を開始した。成績通知書は書留郵便にて、出願時に希望した志願者のみに送付される。4月25日までに届かない場合は、大学入試センターへ連絡するよう呼びかけている。

 平成29年度(2017年度)大学入試センター試験には、前年度より2.2%増の57万5,967人が志願。1月14日および15日に試験が実施された。

 大学入試センターでは、センター試験出願時の志願者本人からの希望にもとづき、成績通知を行っている。出願時に検定料とあわせて手数料(800円)を納付する必要があり、出願後に成績通知希望の有無を変更することはできない。

 成績通知書は書留郵便にて送付され、4月25日までに届かない場合は大学入試センター事業第1課に電話にて問い合わせる。配達時に不在の場合は郵便局に一定期間保管されるが、保管期間(おおむね1週間)を過ぎると大学入試センターに返送されてしまう。

 なお、成績通知書の再発行は行っていないため、保管の際は注意する。

[リセマム 2017.4.17 Mon 12:00]
2017/04/15
京都大学 スペシャルサイト「ザッツ・京大」を公開
「自由の学風」と言われる京都大学では、よりリアルな京都大学の魅力を発信していこうと「一言では決して言い尽くせない京都大学らしさ」をふんだんに盛り込んだスペシャルサイト「ザッツ・京大」を公開した。多様な魅力が溢れる京都大学の「これぞ京大!」を見つけたら「いいね!」ならぬ「ザッツ!」をクリックしてみよう。

「ザッツ・京大」サイト
http://www.thats.pr.kyoto-u.ac.jp/

ザッツネタ(抜粋)
京大の入学試験を総力取材!
めっちゃ気になる“特色入試”
京都大学11月祭ってすごい
原子炉実験施設に行ってみた
新しい総長グッズを作ろう
京都大学 スペシャルサイト「ザッツ・京大」を公開に関する詳細は、同大学のウェブページから。

〔2017/04/14 東進タイムズ〕
2017/04/14
英語4技能は民間試験=国語記述式80〜120字―新共通テスト
 大学入試センター試験に代わり2020年度に導入する新共通テスト「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)で、文部科学省が検討している実施方針の原案の概要が14日、分かった。

 英語は、読む、聞く、書く、話すの4技能とも民間試験を活用。国語の記述式は3問程度とし、センターが民間に委託して採点する80〜120字程度で答えさせる問題を出題する方向だ。

 文科省は近く原案を示し、6月にも実施方針を公表する。

 現行のセンター試験は全問がマークシート式。英語は読む、聞く能力のみを測っている。

 文科省は昨年8月に公表した新共通テストの検討状況で、当初は話す、書く能力を試すテストは英検のような民間試験を活用し、将来は4技能とも民間に全面移行する方針を示したが、当初から4技能とも民間試験を活用することも検討している。ただ、現行の読む、聞くのマークシート式試験も23年度までは併存させる見通し。

 受験生は民間試験を複数回受験し、良い結果を利用できる。ただ、経済的な負担や離島・へき地の受験生などを考慮し、受験回数は高校3年以降の毎年4〜12月に2回までとする案も浮上している。成績は点数ではなく、段階別に表示することなども検討している。

 国語の記述式はこれまで、センターが民間に委託して採点する80字以下の短文式と、大学が採点する長文式の2方式の問題を出題し、大学が採用する方式を決める案を示していた。しかし、大学の負担になる長文式は利用が広がらないと判断し、短文式に絞る方向。

[時事通信 4/14(金) 12:31配信]
2017/04/13
テストだめでもAIが「合格」に!? 三菱商事、経営人材求め新卒採用「改革中」
 経団連加盟企業の新卒一括採用がスタートしてはや1カ月を過ぎた。各企業の人事担当者は、どんな人材を求め、選考解禁までの6月1日に向け動いているのだろうか。出世ナビでは、この時期にあわせて企業の人事担当者に今年の予定や、採用のねらいを聞いた。第1回は三菱商事の人事部採用チームリーダーの下村大介氏だ。


■留学生や部活動の学生に向けた日程も用意

 ――2018年の採用予定数を教えてください。
 「17年卒入社は総合職159人、一般職20人です。18年の採用予定数は未定です」
 ――合格率はどのくらいなのでしょうか。
 「プレエントリーは数万、本エントリーは数千の後半程度。エントリーは三菱商事の新卒採用サイトから受け付けています」

 ――スケジュールを教えてください。
 「5月1日にエントリーシートの提出とテストセンター、ウェブでの適性検査の受検を締め切り、5月下旬に書類選考の合否を出します。6月1日から1次面接開始、面接は3回実施する予定です。ただし、このスケジュールでは留学や部活動の理由から間に合わない人もいるので、7月選考も用意しています。7月選考のエントリー締め切りは6月で、7月中旬に面接をします。ただし、応募は6月面接か、7月面接どちらかを選んでもらいます」
.

■「社員紹介センター」活用してほしい

 ――会社説明会が満席で参加できないという学生の声を多く聞きます。予約なしで「突撃」して参加できるものでしょうか。

 「予約した人のみ受け付けています。突撃されても残念ながらお断りするしかありません。とはいえ、確かにすぐ満席になってしまう、抽選に落選する、参加できなかった、という声を聞きます。商社の仕事はやはり分かりづらいので、私たちも実際の仕事内容は伝えたい。また、会社の話を聞きたいのに大学の先輩がいないなど、機会の不平等は問題だと感じていました」

 「そこで、去年から『社員紹介センター』を作りました。約1000人の社員に登録をしてもらい、応募した学生に社員のメールアドレスと名前を送ります。互いの母校は関係ありません。3月1日から6月10日まで3期に分けて実施します。始めた去年は、丸の内のランチ事情が変わりましたよ。『あそこでもうちの社員が学生とランチしているな』とそこここで見るようになりました。申し訳ないですが『こんな相手がいい』という選択権はありません」
 「抽選ですが、このしくみでかなり学生の皆さんに三菱商事の話を伝える機会を増やせたのではと思っています。1人の社員が何人もの学生に会っていますから、数千人の学生さんに直接話を聞く機会を提供できました。また、紹介の機会は1度ですが、会った社員を通じてまた社員を紹介してもらった学生もいますから、1人で何人もOB・OG訪問した人もいます」
 ――抽選は、どのような基準ですか。
 「基本的に母校の卒業生がおらず、OB・OG訪問がしづらい学生に優先的に機会を提供したいと考えています。先輩が確実にいるような大学には、OBとOGの社員リストを送ってあるので、先輩を探して声をかけてほしいですね」


■「AI採用」に取り組む

 ――選考で今年から変わることはありますか。
 「16年の夏ごろから、人工知能(AI)を使った選考を研究しています。『三菱商事で活躍できそうだな』と思う人材を、私たちが持つ社員などのデータベースからAIに学ばせ、より客観的な選考につなげていくのがねらいです」
 「人間が見ただけではどうしても主観が入るし、応募者が多いので見落としてしまった人材もいるかもしれません。テストなどで1点低いだけで不合格にしてきた人材もいます。今回、AIの活用でエントリーシートの内容がよい、となれば合格にする、といったことも考えられると思います。試験で落とすのは簡単ですが、もったいない。仮にテストが1点合格ラインより低くても、三菱商事で活躍できる素養をもった人材に会いたい」
.

■ほしい能力は

 ――「ほしい人材」という話がありました。どのような能力を求めていますか。
 「一言でいうと、『経営人材としての資質があるか』です。その資質に、必要な能力は大きく2つです。1つは本質を見抜いて先を予測することができるかどうか。我々はこの力を、事業構想力と呼んでいます。2つ目は実行力です。タフな経験をし、またそれをどのように乗り越えやり通したか。この2点の資質があるかを、面接を通してみていきます。最後に高い『倫理観』も重要だと考えています。法令順守は当然ですが、利他の精神を持ち、皆から尊敬されるような人が必要だと思います」

――三菱商事は難関だ、と初めから受験をためらう学生もいます。どんな対策、心構えで臨めばよいでしょうか。

 「三菱商事は『フェアネス』を大事にしている会社です。採用においても、6月1日の採用選考解禁日は必ず守りますし、大学や専門、国籍、性別など一切関係なく門戸を開け、三菱商事で活躍できる人材を純粋に求めています。これからの未来を切り開く皆さんが、活躍する場所として三菱商事に興味を持ってもらえたのなら、『絶対に受かるんだ』と言う思いを持って、ぜひ応募してほしいと思います」
(聞き手は松本千恵)

[NIKKEI STYLE 4/13(木) 7:47配信]
2017/04/12
【大学受験2018】早大、新設「新思考入試(地域連携型)」の入試要項公開
 早稲田大学は4月10日、2018年度入試から新設する「新思考入学試験(地域連携型)」の入試要項を公開。募集は文化構想学部、文学部、商学部、人間科学部、スポーツ科学部。入学後の教育やキャリアに関連付けることを目標に、地域の活動など大学が全面的にバックアップする。

 「新思考入学試験(地域連携型)」は、グローバルな視野と高い志を持って、社会的・文化的・学術的に地域へ貢献する人材を育成・輩出することを目的に新設された。これまでの学習や当該地域での経験を踏まえ、「地域へ貢献」する意識を持つ人材であれば出身校所在地、居住地は問わない。また、地域性を重視するため、すべての都道府県からの受け入れを目標とする。

 募集人員は各学部とも若干名で、出願時に1学部を選択し、併願はできない。人間科学部は学科(人間環境科学科、健康福祉科学科、人間情報科学科)を1つ選択。出願は8月21日〜9月5日。また、2次選考合格後の最終選考で大学入試センター試験(センター試験)の成績を利用するめ、センター試験の出願も必要となる。

 1次選考は書類審査(課題レポート、評価書)となり、9月22日に合格発表を行う。1次合格者は2次選考(総合試験等)を10月22日に実施。筆記による総合試験で論理的思考力を問う。合格発表は文化構想学部、文学部、人間科学部、スポーツ科学部は11月16日、商学部は11月24日。

 最終選考となるセンター試験の対象教科・科目は学部によって異なる。文化構造学部と文学部は、外国語、国語、地歴の3教科3科目。商学部は外国語、国語、地歴・公民または数学から選択の3教科3科目。人間科学部は外国語、国語または数学、理科の3教科3科目(数学を選択した場合は3教科4科目)。スポーツ科学部は必須科目が外国語で、国語、地歴・公民、数学、理科から2教科2科目を選択する。

 合否判定は、スポーツ科学部がセンター試験(配点400点)の得点が320点以上で合格。そのほかの学部はセンター試験(配点300点)の得点が240点以上で合格とする。最終合格発表は人間科学部のみ2月15日、それ以外の学部は2月9日。

 大学では、入学後の教育やキャリアを関連付けるため、所属学部の学修に限定されず、教育連携課のプログラム参加や学生稲門会の活動、地域交流フォーラムへの協力、各地の交友の協力で出身地域のインターンシップの参加を奨励するなど、全面的にバックアップしていく。入試要項はWebサイトに公開し、関係書類はダウンロードできる。

[リセマム 4/11(火) 16:14配信]

169-1.jpg

2017/04/11
【大学受験2018】明大・同志社など私大48校が定員増を申請
 文部科学省は4月10日、3月末申請の平成30年度(2018年度)からの私立大学等の収容定員の増加にかかる学則変更認可申請一覧 を公表した。日本大学や明治大学、同志社など大学48校、短期大学3校大学が定員増を予定している。

 平成29年3月末、収容定員の増加を申請した私立大学は、東北学院大学、東北芸術工科大学、上武大学、東都医療大学、文教大学、桜美林大学、共立女子大学、杏林大学、昭和女子大学、聖心女子大学、創価大学、大東文化大学、東京医療学院大学、東京医療保健大学、東京家政大学、東京電機大学、二松学舎大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、日本女子大学、日本女子体育大学、日本体育大学、武蔵野大学、明治大学、立正大学、新潟医療福祉大学、新潟青陵大学、松本大学、常葉大学、中京大学、中部大学、名古屋学院大学、京都産業大学、京都造形芸術大学、京都美術工芸大学、同志社大学、追手門学院大学、大阪商業大学、大阪成蹊大学、関西医療大学、森ノ宮医療大学、関西福祉大学、奈良学園大学、環太平洋大学、美作大学、安田女子大学、純真学園大学、福岡大学の48校。

 短期大学は、山野美容芸術短期大学、名古屋女子大学短期大学部、姫路日ノ本短期大学の3校。

 このうち、日本大学は法学部や経済学部など計472人を増員し、平成30年度入学定員は15,341人。明治大学は、商学部や政治経済学部など計1,030人を増員し、平成30年度入学定員は7,760人。同志社大学は、文学部など14学部において計326人を増員し、平成30年度入学定員は6,351人となる。

[リセマム 4/11(火) 13:45配信]

- Topics Board -