最新大学受験・教育ニュース

2018/03/28
薬剤師国家試験2018、合格率1位は「金沢大学」97.5%
 厚生労働省は平成30年3月27日、第103回薬剤師国家試験の合格発表を行った。合格率は70.58%と前年(平成29年)より1ポイント減少。新卒の合格率は84.87%だった。合格率を大学別にみると、「金沢大学」が97.50%ともっとも高かった。

 第103回薬剤師国家試験は、平成30年2月24日と25日に実施。出願者数14,876人、受験者数13,579人、合格者数9,584人、合格率70.58%で、前年(平成29年実施第102回)の71.58%と比べ、1ポイント減少した。合格率を男女別にみると、男性が68.04%、女性が72.30%。

 合格率を大学別にみると、「金沢大学」が97.50%ともっとも高く、「広島大学」92.86%、「いわき明星大学」92.31%、「九州大学」90.48%、「武蔵野大学」90.45%が続いた。新卒合格率100.00%の大学は、金沢大学と九州大学、北海道大学、東京大学の4大学。

 合格者の受験番号は厚生労働省のWebサイトに掲載されている。

◆第103回薬剤師国家試験 大学別合格者数 上位10大学
1位「金沢大学」97.50%
2位「広島大学」92.86%
3位「いわき明星大学」92.31%
4位「九州大学」90.48%
5位「武蔵野大学」90.45%
6位「千葉大学」89.80%
7位「北里大学」89.79%
8位「名城大学」89.63%
9位「北海道大学」89.19%
10位「近畿大学」88.76%

[リセマム 3/28(水) 11:45配信]
2018/03/26
早稲田・政経と慶應・経済ならどっちに行く? 早慶の人気学部は…〈週刊朝日〉
 私立大のトップの早稲田と慶應。文系から理系まで多くの学部があるが、人気は時代と共に移り変わる。偏差値と志願者数の20年間の変化をもとにたどってみよう。

 早稲田の本部キャンパス。この20年で新しい校舎が次々に建ち、バンカラと言われたイメージはいまは昔。全体の女子の比率も増えていて、1997年度に24.8%だったのが、2017年度は37.5%に上昇している。外国人学生も増加していて、16年度には7156人と約7人に1人の割合となっている。

 ある職員はこう話す。

「20年前に学生としてキャンパスにいましたが、いまは女子学生の姿が目立ちます。様々な言語が飛び交うことも珍しくありません」

 女子や外国人を引きつけているのが、04年にできた国際教養学部だ。約2700人いる学部生のうち女子の比率は約6割にも及ぶ。外国人学生も3割超だ。駿台予備学校の偏差値で見ると64で、全体の中でも高い。入るのが難しくなったことで志願者は減っているが、人気学部であることに変わりはない。

 07年に第一文学部と夜間学部の第二文学部が改組され、新しくできたのが文化構想学部。志願者数は文学部を上回っている。

 さらに注目されているのが社会科学部だ。志願者はこの20年で4割増えた。偏差値は4ポイント上昇し62。河合塾が発表する偏差値では最難関の政治経済学部と一時同じになり、関係者の間で「大躍進」と話題になった。

 もともとは66年に政治経済、法、商などの夜間部を統合してできた夜間学部だった。98年から昼夜開講制となり、09年からは夜の授業を廃止して、昼間学部へと変わった。

 駿台教育研究所の石原賢一・進学情報事業部長は「政治経済や法に比べ合格しやすいと思われていて、多くの受験生が志願します。しかし、難易度は上がっており、昔のイメージで臨むと厳しい」。

 社学の人気は、複数の学部に合格した人の選択にも表れている。東進ハイスクールの17年のデータによると、教育と社学の両方に合格した人のうち9割超が社学に進学した。

 背景には、少子化もあって教員の採用数が減り、教育学部の人気が全国的に低下していることもある。教育学部の偏差値は10年前より4ポイント下がった。難易度が下がったことで、どうしても早稲田に行きたい人が多く受けるようになり、志願者は10年前より増えている。

 偏差値が下がった学部を見ると、人間科学部が20年前の58から56に、スポーツ科学部が10年前の56から53となった。

 慶應は近年、偏差値が全体的に上昇していた。法、文、商など早稲田より偏差値が上回る学部も目立つ。

 東進ハイスクールによると、早稲田と慶應の法学部に合格した人の94.4%が慶應に進んだ。早稲田・政経と慶應・経済でも、61.1%が慶應を選んでいる。

 文系では特に法学部の人気が高い。偏差値は69で医学部に次ぐ高さだ。慶應法科大学院は昨年の司法試験に最も多く合格している。合格率でも京大、一橋、東大に次ぐ4位で、私大ではトップだ。

「人気を集めているのは法曹だけでなく、一般企業への就職が強いこともある」(石原さん)

 経済は偏差値が20年で7ポイント増えた。法学部と並ぶ看板学部だ。メガバンクや総合商社などに、卒業生が多数入っている。就職に強いと言われる慶應の中でも、とりわけ実績がある。

 経済学部と商学部は一般入試の受験科目に国語がなく、小論文がある。国立大を志望する人が併願しやすく、人気につながっている。両学部は試験日を前倒しして、国公立2次試験との間隔を空けている。大学側も「併願しやすくする狙いはあった」と認める。

 偏差値を見ると、低下が目立つのが湘南藤沢キャンパス(SFC)の2学部だ。総合政策は20年で5ポイント、環境情報は3ポイント下がった。両方とも90年に設置され、いち早く授業にインターネットを導入するなど、大学改革の先駆けとして評価された。一時は偏差値が経済学部を上回るなど“看板学部”だったが、志願者は伸び悩んでいる。

「志願者が減っているのは、立地の影響もあると思います。かつては他大学にはない学部でしたが、いまでは同じような学部もできています。アクセスを考えると、都心のほうがいいという人が出てくるのは仕方ない」(慶應広報室)

 志願者数を全体で見ると、慶應は4年ぶりの前年割れとなった。早稲田は3年連続で増やしていて、盛り返しつつある。

「30年くらい前は早稲田が強かった。そこに慶應がSFCをつくり、相乗効果でほかの学部も人気が上がった。早稲田は独自の戦略でいま大学を変えてきています。お互いに高め合っていく歴史なので、今後もどうなるかはわかりません」(同)

 早慶は永遠のライバルとして、比較されてきた。その中で受験生を集めるべく、様々な改革が進んだ。今後も新たな人気学部が登場することだろう。(本誌・吉崎洋夫)

※週刊朝日 2018年3月30日号

[週刊朝日 3/26(月) 7:00配信]
2018/03/24
駒澤大学 春のオープンキャンパスを開催
「そろそろ自分の進路について考えないといけないなぁ」とお悩みの高校生のために、駒澤大学では3月24日(土)〜25日(日)の2日間、春のオープンキャンパス「見にコマ2018」を実施する。

夏に開催されるオープンキャンパスより規模が小さい分、じっくりと見学できるのが今回の魅力。駒大ならではの坐禅堂や禅文化歴史博物館はもちろん、4月に完成する新校舎「種月館」の充実した環境も見逃せない!

実施日

3月24日(土)〜25日(日)13:00〜16:00(12:30受付開始)

会場

駒澤大学 駒沢キャンパス

参加方法

ウェブページより要予約。入退場自由

プログラム
・大学紹介
・学部学科説明
・入試概要説明
・ゼミ企画
・130周年記念棟(種月館)見学ツアー
・施設見学ツアー(仏教学部・医療健康科学部)

駒澤大学 春のオープンキャンパスに関する詳細は、同大学のウェブページから。

〔2018/03/19 東進タイムズ〕
2018/03/23
大学入学共通テストのガイドライン案、旺文社が解説
 旺文社教育情報センターは平成30年3月12日、大学入学共通テストについて国立大学協会が提示した「ガイドライン(案)」に関する解説を公表した。英語の外部検定や、国語と数学の記述式についてまとめている。

 国立大学協会は、平成29年11月10日に「平成32年度以降の国立大学の入学者選抜制度―国立大学協会の基本方針―」を公表。すべての国立大学は「一般選抜」の第1次試験として原則5教科7科目を課すことや、国語と数学に関しては、記述式問題を含む問題を「一般選抜」の全受験生に課すなどの方針を示した。平成30年3月8日の総会で大学入学共通テストの「ガイドライン(案)」について協議を行い、利用方法などを盛り込んだ。

 ガイドライン(案)では、英語の外部検定として、利用できる検定と利用方法の概要が示された。旺文社は「出願資格は英検準2級、2級なら10点加点、準1級なら20点加点」といったように「出願資格」「加点」の両方が利用されれば、わかりやすく取得レベルに応じて優遇されると解説している。

 国語の記述式問題は、加点の配点を各大学に委ね、国立大学協会は具体例を別途示すとしている。しかし、マーク式の満点を超えて加点がなされるようであれば、大学によって国語全体の満点が変わってくることから、「入試システムは複雑になる」と旺文社は指摘。

 数学について、ガイドライン(案)では「記述式問題にも配点がなされる」とされている。大学入試センターは、数学の記述式が素点か段階別か明らかにしていないが、旺文社は「素点になるのが濃厚だろう」としている。

 国立大学協会のガイドラインは、平成30年4月以降に最終決定し公表される見込み。このガイドラインをもとに各国立大学は年度末に向けて予告を出していくと推測される。

[リセマム 3/22(木) 19:15配信]
2018/03/22
【高校受験2018】北海道公立高入試2次募集、全日制142校で4,102人
 北海道教育委員会は平成30年3月20日、平成30年度(2018年度)公立高等学校入学者選抜第2次募集について発表した。全日制142校で4,102人、定時制37校で1,178人募集する。

 平成30年度(2018年度)北海道公立高等学校入学者選抜では、合格者の数が募集人員に満たないときや、入学予定者の数が募集人員に満たないときに第2次募集を行う。全日制は142校で第2次募集を行い、4,102人募集する。また、定時制は37校で第2次募集を行い、1,178人募集する。

 全日制における各学校の募集人数は、石狩学区が札幌東陵(普通)49人、北広島西(普通)47人、札幌東豊(普通)45人などで計485人。そのほか、深川西(普通)84人、弟子屈(普通)54人、根室(普通)45人、札幌啓北商業(未来商学)22人など。

 第2次募集の出願受付期間は、3月22日(木)〜3月23日(金)午後4時30分。全日制は、3月6日に実施した学力検査の成績や作文、面接などをもとに合否を判定し、3月28日(水)までに合格発表をする。

[リセマム 3/22(木) 11:50配信]
2018/03/20
医師国家試験の合格者、初の9000人超 - 厚労省公表、合格率は90.1%
 第112回医師国家試験の合格者は9024人で、1946年に試験が開始されて以降、初めて9000人を超えたことが19日、厚生労働省が行った合格発表で分かった。合格率は90.1%で、前回から1.4ポイント上昇した。【松村秀士】

 今回の医師国試は、2月10、11の両日に実施された。1万10人が受験し、前回より491人増の9024人が合格した。合格者を男女別で見ると、男性が5958人(合格率89.1%)、女性が3066人(同92.2%)。新卒者は、8330人(前回比226人増)が合格し、合格率は93.3%(同1.5ポイント増)だった。

 医師国試をめぐっては、第112回から出題数が従来よりも100問減り、試験期間も3日間から2日間に短縮された。合格基準も一部変更となった。これまで必修問題以外の一般問題と臨床実地問題は、それぞれ合格基準を設定していたが、今回の試験からは一般問題と臨床実地問題の得点を合わせたものが合格基準となった。

■合格者の喜びの声と抱負

 合格発表会場となった厚労省の講堂には、多数の受験者やその家族・友人らが集まり、合否を確認する姿が見られた。

 高校2年のころに医師になることを決めた相田翠さん(25)は、「自信が持てる問題が少なかったので、受かっていてほっとしている」と一安心の様子だ。今後については、「医療の現場にもAI(人工知能)などが取り入れられると思うが、コミュニケーションなど人間でないとできない分野は残ると思うので、患者が気軽に話しやすい医師になりたい」と将来を見据えていた。

 高校生の時に母親が病気で亡くなったのをきっかけに、終末期の患者に寄り添える医師になろうと決めた吉田茂文さん(30)は、合格を確認して「これまでの努力が報われて、素直にうれしい」と喜びをかみ締めていた。吉田さんは、「医師になるのなら手広くやりたいので、総合内科に進みたいし、リハにも興味がある。今後の高齢化にも目を向ける医師になりたい」と意欲を示した。

 「小さいころからの夢がかなった」と合格の喜びをあらわにした関谷葵さん(26)は将来、高齢者医療の分野で働きたいと考えている。関谷さんは、「今の日本では高齢者に対する目は、あまり温かいものではないように感じるので、温かい目が向けられるような流れをつくりたい」と力強く語った。

 東京の4年制大学(文系)を卒業後、地元で地方公務員になった渡辺慎太郎さん(31)は、専門知識を身に付けて独自性のある仕事をしてみたいと次第に思うようになった。そのため、働きながら医学部入学のための受験勉強を開始。3年ほどで公務員を辞めて、大学の医学部に入学した。合格を確認した渡辺さんは、「アレルギーの分野や免疫内科に進みたい。まずは、標準的なことがきちんとできる一人前の医師になるのが目標」と話した。

[CB news 3/19(月) 20:30配信]
2018/03/19
大学への入学費用、幾ら掛かる?

国立大学の入試も前期試験の入学手続きが終了し、進学先を確定させた受験生も多いことでしょう。一方で保護者が頭を悩ませたのは、入学に必要な費用の確保ではなかったでしょうか。大学など高等教育に掛かる費用が高騰していることは、社会的な問題にもなっています。現状と課題を考察してみましょう。
.

減らしても平均85万円、高校から7年間で935万円余り

「国の教育ローン」で知られる日本政策金融公庫は毎年、教育費負担の実態調査を行っています。最新の2017年度結果(昨年9〜10月にインターネット上で実施)によると、受験費用や入学しなかった学校への納付金も含めた「入学費用」の合計は、大学の場合、平均85万2,000円でした。前年度(98万円)に比べ13万円近く下がっています。
しかし、大学全体で納付金が大幅に下がったという話は聞きません。それでも私立大学理系(120万1,000円→87万円)や同文系(95万9,000円→92万9,000円)だけでなく、国公立大学(79万7,000円→69万2,000円)でも10万円以上の減少です。少しでも受験・入学費用を抑えようという家庭の涙ぐましい努力がうかがえます。

高校入学から大学卒業までに必要な費用は、平均935万3,000円にもなります。前年度(975万円)に比べれば40万円近く減っていますが、それでも7年間で900万円を超えるのは、なかなか大変です。しかも私大理系なら1,045万9,000円(同1,147万1,000円)にもなります。
そうした在学費用が世帯年収に占める割合は、年収200万円以上400万円未満の世帯で35.1%(同36.6%)、400万円以上600万円未満で20.2%(同21.7%)、600万円以上800万円未満で17.2%(同17.0%)、800万円以上で12.7%(同12.3%)と、低〜中所得層では若干下がったものの負担感は相変わらずで、中〜高所得層も横ばいか若干上がっているという結果です。

バイトも増やせないなかで仕送りが年52万円余り減

さらに深刻なのが、自宅外生の場合です。1年間の仕送り額は平均93万円(月額7万7,000円)で、前年度の年額145万1,000円(同12万1,000円)より52万円余りも減っています。
そうなると奨学金やアルバイトで補うしかありませんが、教育費の捻出方法を3つまで選んでもらったところ、「奨学金を受けている」が19.0%(前年度17.7%)と増えた一方、「子供(在学者本人)がアルバイトをしている」は19.4%(同19.6%)とほぼ変わっていません。

保護者の学生時代と違って、今や出席はもとより授業以外の勉強や学外での活動に時間を割く必要が格段に増しています。
バイトに精を出し過ぎると進級や卒業が危うくなるばかりか、就職時にも評価が低くなって内定が得られない……といった事態さえ心配されます。
そんななかで高騰する教育費や生活費を奨学金で賄おうとすると、卒業後に返還の重い負担がのしかかります。2017年度から年収に応じて返還額が変わる「所得連動返還方式」を選べるようになりましたし、引き続き返還期限猶予制度なども活用できますが、それも「返しやすくなった」というだけで、負担自体が軽減されたわけではありません。
政府が検討している高等教育の無償化も、対象は「真に必要な」子どもたちに限られ、その範囲も不透明です。家計負担に多くを依存する教育費の在り方そのものも議論する必要があるのではないでしょうか。

[ベネッセ教育情報サイト 3/19(月) 10:20配信]
2018/03/17
「大学進学」も大きな投資。春休みは親子でオープンキャンパスに行こう

オープンキャンパスは、大学等が施設内を公開し、キャンパスツアーや模擬講義などを通じて、入学希望者に学校への関心を深めてもらおうとする入学を促進するためのイベントです。

生徒だけではなく保護者の参加も当たり前になってきています。

生(ナマ)の大学等を知るには、オープンキャンパスに参加するのが一番です。何百万円も投資する高等教育。子ども任せにせず、保護者も子どもと一緒に参加しましょう。
.

大学等の進学は大きな投資

大学等の進学は大きな投資です。入学金、授業料、施設設備費といった初年度納付金は、文科系学部で約115万円程度、理工系学部では約150万円かかります。芸術系や医学系はもっとかかります。

これだけお金をかけるのですから、キャンパス内の環境、キャンパス周辺の環境、どのような学生が学んでいるのか、どのような講義が行われているのか、就職支援状況はどうかなど詳しく知っておくのは当然です。

自動車や住宅を購入するときと同じです。自動車や住宅を購入するときにパンフレットで詳しく調べたり、自動車であれば試乗、住宅であれば見学しますよね。

しかし、大学等の学費となると子ども任せにして、保護者が大学等について詳しく知らないまま、お金を出し、あるいは奨学金を利用することに同意します。

保護者が高校生のときと現在では、入試制度、大学等進学率、初年度納付金を支払う時期、就職支援など大きく変わっています。

保護者もオープンキャンパスに参加して大学等の最新情報を得て、投資にふさわしい学校かどうか子どもにアドバイスしましょう。
.

オープンキャンパス参加のメリット

キャンパス内の環境、キャンパス周辺の環境、どのような学生が学んでいるのか、どのような講義が行われているのか、就職支援状況はどうか、大学等独自の奨学金などの情報を得ることができます。

子どもにとっては、志望校のオープンキャンパスに参加することで、この学校に進学したいと思いが強くなればモチベーションがアップし、勉強に身が入ることでしょう。

また、受験対策講座もありますから、入試等の傾向がわかり、メリハリがきいた勉強につながるかもしれません。

保護者にとっては就職支援の状況や学費の支援制度、学食でどのような食事が提供されているのか、どのような学生が学んでいるのか、学校周辺の環境などが関心ごとではないでしょうか。

オープンキャンパスに参加することによって生の情報が得られます。保護者向けのイベントや相談会に参加しましょう。

このように、子どもと保護者では関心事が違いますので、参加する前にお互いのチェックポイントについて話し合っておきましょう。

オープンキャンパスに参加するだけでも、得られるものは少なくありませんが、より有意義にするために、事前に参加する大学等についてパンフレットなどで事前学習したうえで、確認したいこと、参加したいイベントを決めておきましょう。

オープンキャンパス参加の留意点

多くの大学では、学生によるキャンパスツアーを実施しています。大学等のキャンパスは広いので、歩きやすい服装と靴にしましょう。

また、メモを取ったり、大学の資料をもらったりするので、手で持ち歩くのは大変です。大きめのリュックや、肩から下げられるカバンにしましょう。

大学によっては事前予約が必要なところもあります。人気の大学等は入場を制限する場合もありますので、必ず大学のホームページで事前に確認しましょう。

キャンパスを案内してくれる学生や模擬講義を行う先生はエース級です。オープンキャンパスはあくまで入学促進イベントであることを忘れないようにしましょう。

[ファイナンシャルフィールド 3/17(土) 9:20配信]
2018/03/16
<北海道>受験生ドキドキ…公立高校合格発表
 受験生ドキドキの瞬間です。道内の公立高校の合格発表がおこなわれました。
 道内の公立高校では、16日午前10時ちょうどに合格者の番号が一斉に張り出されました。札幌南高校では、緊張した面持ちで自分の番号を探す受験生の姿が見られました。道内では全日制と定時制あわせておよそ3万1300人が歓喜の声をあげました。公立高校の2次募集の発表は20日の予定です。

[HTBニュース 3/16(金) 12:17配信]
2018/03/15
大学入学共通テスト、試行調査「英語」問題・正答率速報を公表
 大学入試センターは平成30年3月14日、「大学入学共通テスト」の導入に向けた試行調査(プレテスト)の外国語科「英語」について、問題や正答率の速報を公表した。筆記(リーディング)はすべて英語で出題され、リスニングは読み上げ回数が異なる2種類の問題が実施された。

 試行調査の「英語」は平成30年2月13日〜3月3日、全国158校の高校と中等教育校が高校2年生を対象に実施し、6,303人が受験した。同時期に視覚特別支援学校の生徒を対象に点字問題の試行調査も実施している。

 試験は、筆記(リーディング)とリスニングで構成。試験時間は、筆記80分、リスニング30分。リスニングは、読み上げ回数がすべて2回の「バージョンA」と1回読みの問題と2回読みの問題が混在する「バージョンB」の2種類で実施された。

 筆記は、すべての問題を英語で出題。Webサイトや新聞記事を題材とした問題などがあり、必要な情報を読み取る力や要約する力などが問われた。問題ごとの正答率は、3月8日時点の速報値で93.1%〜6.2%。

 リスニングは、対話や議論を聞かせる問題などが出題され、必要な情報を把握し、要点を整理、判断する力などが求められた。問題ごとの正答率は、3月8日時点の速報値で92.5%〜3.2%。バージョンAとバージョンBの正答率に10ポイント以上差が出る問題もあった。

 大学入試センターでは、今回出題した構成や問題が、平成32年度からの大学入学共通テストにそのまま受け継がれるのではなく、試行調査の解答状況など分析を踏まえて検討するとしている。平成30年度は、大学入学共通テストの試験会場となる大学を実施会場として、実施運営などを含めた総合的な検討を行う予定だという。

 なお、試行調査の問題や正答表などは、大学入試センターのWebサイトで公開している。

[リセマム 3/15(木) 10:45配信]

- Topics Board -