最新大学受験・教育ニュース

2017/10/17
【大学受験2018】H30年度私大医学部の入学定員9,419名、うち地域枠は316名
 文部科学省は10月16日、平成30年度(2018年度)からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更認可申請一覧を公表した。平成30年度の医学部入学定員は9,419名、そのうち地域枠による定員は49大学316名。研究医枠と歯学部振替枠の増員はない。

 平成30年度の医学部入学定員は9,414名と、平成29年度の9,420人より1名減少。学則変更認可の申請を行ったのは、岩手医科大学、自治医科大学、埼玉医科大学、順天堂大学、日本医科大学、関西医科大学、兵庫医科大学の私立大学7校。平成29年度からの実質的な増加は12名で、地域枠による定員増316名の中に含まれる。

 医学部の入学定員については、昭和57年と平成9年の閣議決定により7,625名まで抑制されてきたが、平成18年の「新医師確保総合対策」で医師不足が深刻な10県で各10名、平成19年の「緊急医師確保対策」により全都道府県について原則各5名の入学定員を増員。以降も「経済財政改革の基本方針2008」や「地域の医師確保の観点からの定員増(地域枠)」「研究医養成のための定員増(研究医枠)」「歯学部入学定員の削減を行う大学の特例による定員増(歯学部振替枠)」を実施してきた。平成19年度から平成30年度までに、臨時定員1,010名および恒久定員544名(新設による増員を除く)の計1,554名の増員が行われてきた。

 そのうち、「医師確保総合対策」と「緊急医師確保対策」による臨時定員317名については、平成29年度で終了するところだったが、平成31年度まで地域枠として再度の定員増を行うことが可能となった。平成30年度の地域枠では49大学316名増の予定で、そのうち再度の定員増によるものが304名、それ以外の定員増が4大学12名だった。

 地域枠の増員期間は平成31年度までの間となっているが、今後の取扱いは、その時点の医師養成数の将来の見通し、定着状況を踏まえて判断するという。

[リセマム 10/17(火) 13:15配信]
2017/10/14
国立大32〜35年度入試、「マーク式と民間」 英語は両方必須に
 平成32年度から現行の大学入試センター試験の後継として導入する「大学入学共通テスト」の英語について、国立大学協会の理事会が、35年度までマークシート式と、英検などの民間検定試験の両方を国立大全82校の受験生に課す方針を決めたことが13日、国大協への取材で分かった。来月の総会で正式決定する予定。

 一方、全国の私立大が加盟する日本私立大学連盟や日本私立大学協会、公立大でつくる公立大学協会は「大学ごとの判断に任せる」としている。

 文部科学省が今年7月に公表した共通テスト実施方針によると、英語では「読む、聞く、話す、書く」の4技能を評価するため、民間検定試験を導入する。ただ、32〜35年度は大学入試センターが作成するマーク式も併存させ、大学によっていずれかまたは両方を受験させる仕組みとした。

 36年度からは民間検定試験に全面移行する予定で、大学入試センターは本年度中に、英検などの中から、共通テストで利用できる民間検定試験を認定する。

 国大協によると12日の理事会で「受験生が混乱しないために各大学が足並みをそろえる必要がある」として、32〜35年度はマーク式と民間検定試験の両方を義務付ける方針で合意した。国大協の82校へのアンケートでもこの方針への賛成意見が多かったという。ただ、検定料など受験生の負担増を懸念する声もあり、国大協は今後、具体的な成績の利用方法などを検討する。

[産経新聞 10/14(土) 7:55配信]
2017/10/13
国公立大 新テスト移行期 英語の入試は“二刀流”
 国立大学の入試の英語の共通テストは、マークシート式と民間試験の両方を課す方針です。

 センター試験に代わり、2020年度から実施される「大学入学共通テスト」の英語は、2023年度までの4年間は移行期間で、今までのマークシート式と英検などの民間試験をどちらも受けられます。これに対して国立大学協会は、国立大学の受験生にマークシート式と民間試験の両方を課す方針を理事会で決めました。来月の総会で正式決定する予定です。国立大学ごとに条件が異なると、受験生が出願先を変えられなくなるなど混乱する恐れがありました。

[テレ朝ニュース 10/13(金) 18:12配信]
2017/10/11
中央大学 キャンパス見学会を実施
中央大学では、10月の毎週土曜日にキャンパス見学会を実施する。文系学部は多摩キャンパス、理系学部は後楽園キャンパスでの開催。中央大学を知りたいという高校生の要望に、さまざまな角度から応えてくれる。

見学会で中央大学に興味をもった人は、11月23日(木・祝)に行われる体験授業にもぜひ参加してみよう。キャンパスでは、大学生になった自分をシミュレーションするのもいいかもしれない。

日時
多摩キャンパス(文系)・10月14日(土)、10月21日(土)、10月28日(土)11:00〜13:00後楽園キャンパス(理系)・10月14日(土)12:00〜14:00
場所
多摩キャンパス(文系)・3号館1階3114号教室後楽園キャンパス(理系)・6号館3階6326教室
対象者

高校生、受験生、保護者(文系のみ)

参加方法

ウェブページより申し込み。参加費無料

中央大学 キャンパス見学会に関する詳細は、同大学のウェブページから。

〔2017/10/06 東進タイムズ〕
2017/10/10
【センター試験2018】志願者数52万8,323人(10/6時点)、浪人生は増加
 大学入試センターは10月6日、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の出願状況(受付最終日)を公表した。10月6日午後5時現在の出願総数は52万8,323人。全体では前年度同時点より1万2,036人減少したが、浪人生は2,675人増加した。

 出願総数52万8,323人のうち、現役生(高等学校等卒業見込者)は43万8,250人で、前年度比1万4,711人の減少。一方、浪人生(高等学校卒業者等)は9万73人で、前年度比2,675人の増加。出願者全体の約83%を現役生が占めている。

 大学入試センター試験の期日は、平成30年1月13日・14日。大学入試センターは、10月6日消印分まで出願を受け付けた。

 受付締切後は、出願を受理した志願者に対して、確認はがき(出願受理通知)が10月24日までに届くように送付される(通信制課程を除く高等学校などを卒業見込みの者は在籍している学校に送付)。はがきの登録内容に訂正がある場合は、11月1日までに訂正内容を届け出ること。重複出願の確認や試験場の指定などが行われたのち、12月13日までに受験票、写真票、成績請求票が送付される。

 なお、確定志願者数の発表は12月上旬ごろを予定しているという。

[リセマム 10/10(火) 12:15配信]
2017/10/06
有名企業「入社難易度ランキング」トップ10
 難易度の高い大学から多く採用している会社はどこか。

 内定式が過ぎ、今年の就職活動はほぼ終盤となっている。最後まであきらめずに就活に励む4年生と並行して、3年生向けのインターンシップが夏から始まり、来年の就活の準備が進んでいる。来年も3年生の3月から企業の採用広報が始まる。売り手市場と言われ、企業の採用は引き続き活発だ。


■「入社難易度」の定義とは? 

 そんな中、有名企業の採用には、さまざまな憶測が飛び交う。「有名大学しか採用していない」「難関大学の指定校制がある」「”大学フィルター”を設けている」など、いろいろなことが言われる。そこで「有名企業は本当に難関大からしか採用していないのか?」を検証してみることにした。
.

 各企業の採用結果を数値化するための指標として、「入社難易度」というものを作ってみた。有名難関大かどうかの評価は、大学受験時の難易度がもとになっているとされる。そこで駿台予備学校の協力を得て、模試の難易度から、企業別入社難易度を算出した。

 大学通信は毎年、各大学に対し、有名企業412社に就職者数を聞くアンケートを実施している。この412社は、日経平均株価指数の採用銘柄や会社規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定している。ランキングの対象はこれらの有力企業だ。
.

 算出方法は次の通り。今年の各大学・学部の入試の難易度平均(医学部と歯学部は除く)を、各大学の難易度とする。仮にA社の就職者の内訳が、東京大学5人、慶應義塾大学3人、上智大学3人だったとする。東京大学の学部平均難易度は69.8で、全大学でもっとも高い値だ。慶應義塾大学は65.1、上智大学は63.0になる。

 これらの数字を使って、A社の平均入社難易度を求めてみよう。

 (東京大学69.8×5人+慶應義塾大学65.1×3人+上智大学63.0×3人)÷(5人+3人+3人)=66.6666になる。小数点第2位を四捨五入すると、A社の入社難易度は66.7だ。


 就職判明者が10人以上の企業に絞ってランキングしたのが各表である。一部の大学が回答していないため、採用者すべての出身大学が判明しているわけではない。しかし、企業の採用総数がわかっている企業に占める、大学別就職者の判明率は8割を超えている。

 では企業別の表を見ていきたい。トップは集英社の65.0。2位が三菱地所の64.8、3位が講談社の64.6、4位が富士フイルムの64.4、5位が三菱商事の64.2、という順となった。
.

■出版や不動産、総合商社が上位

 あきらかに出版社は、難関大学から多く採用している。3大出版社のもう1社の小学館も62.0で38位だった。出版不況と言われ、学生の人気企業ランキングの上位にはかつてほど出てこなくなったものの、出版物に子どものころから慣れ親しんできたこともあり、まだまだ根強い人気がある。

 2位の三菱地所をはじめ、不動産会社もトップ10に2社入っている。7位の三井不動産は64.0だ。出版社と同じく採用人数が少ないため、難関大学の採用が多いと、高い値になると見られる。難関大学の学生の中には、大量採用の企業よりも、同期の顔が見える採用の少ない企業を好む傾向もあるという。
.

 採用者が比較的多く、今年の就活で人気が高かった総合商社も、上位に入った。5大商社の中で、トップ10に入ったのは、64.2で5位の三菱商事、64.0で7位タイの伊藤忠商事、63.9で9位タイの住友商事の3社だ。丸紅は63.5で11位、三井物産は63.2で16位だった。業績好調の伊藤忠商事の評価が高い。ただ、5社中トップの三菱商事と、最下位の三井物産の難易度差はわずか「1.0」だ。人気業種だけにどこも難関ということになる。
.

 また総じてマスコミの入社難易度が高いのも特徴だ。テレビ局はテレビ東京が63.3で13位、テレビ朝日とTBSテレビが63.1でともに19位、日本テレビ放送網は62.3で28位、NHKは62.1で34位、フジテレビジョンは61.2で59位などとなっている。番組の視聴率が急伸するテレビ東京がトップで、苦戦するフジテレビが最下位と、東京キー局の中での勢いがこのランキングにも反映される結果となった。

 新聞社・通信社も上位である。64.1の日本経済新聞社が6位、63.2の朝日新聞社が16位、62.1の共同通信社が34位、61.8の読売新聞社が46位、61.5の時事通信社が54位などとなった。いずれも60を超える入社難易度となっている。新聞社も近年、学生の人気企業ランキングの順位は、高くはない。


 企業の採用支援を行っているワークス・ジャパンの清水信一郎社長は「集英社がトップというのは、出版希望者は3大出版社を必ず受けるといってもいいほどで、記念受験も多いと思われ、応募者が多いことから入社は難しくなるのでしょう。またマスコミは、まず筆記試験がありますから、人物本位の採用といっても、この試験を通過しないことには、面接などに進めません。結果として試験に強い難関大からの採用者が多くなるのでは」と分析している。
.

 トップである集英社の入社難易度65.0は、どこの大学に当たるのか。平均難易度が65を超えている大学は7校しかない。東京大学のほかに、国際教養大学(67.7)、一橋大学(66.5)、京都大学(66.3)、国際基督教大学(66.0)、慶應義塾大学と早稲田大学がともに65.1だ。こういった大学からの採用が中心ということになる。

 一方、学生に人気の高い銀行を見てみよう。67位の三井住友信託銀行の60.9がトップ。メガバンクでは三菱東京UFJ銀行が182位の58.6で、かろうじて200位以内だった。メガバンクは採用人数が1000人を超えるため、さまざまな大学から採用していることがわかる。ただ、入社難易度58.6といっても、これを上回る大学は32校だけ。大学は日本国内に約780校あり、難易度が上位の大学から多く採用しているようだ。駿台教育研究所進学情報事業部の石原賢一部長は次のように語ってくれた。
.

 「文系の学生を中心に採用している企業が上位で、理系の学生を中心に採用しているメーカーなどが低くなっています。メーカーは採用者が多いので、地方国立大からも採用します。地方国立大の工学部は難易度が高くないため、入社難易度は高くなりにくいのかもしれません」

■業種別のトップは石油・鉱業

 業種別の入社難易度を見てみよう。ランキングの対象となる企業が4社以上の業種だけを取り上げているため、業種としては表に出てこないところもある。ガス、造船、倉庫などが対象外となっている。


 業種ランキングのトップは石油・鉱業。対象社数は4社だけと少ないが、13位で63.3の国際石油開発帝石、16位で63.2のJXTGエネルギー、44位で61.9の昭和シェル石油、86位で60.4の出光興産が入り、すべてトップ100に入った。前出の清水社長は「石油・鉱業は、多くが国策会社だったという経緯から、旧7帝大からの採用が多く、給与水準も高いので人気です」という。

 2位以下は放送、新聞、広告、出版、商社の順となった。ここまでが入社難易度60を超えている。マスコミ関連業の難関ぶりがわかる。次いで化学、ゴム・ガラス、通信、機械・機器と続く。そもそも412社の平均入社難易度も57.0とかなり高い。平均難易度が57.0以上なのは48大学に過ぎない。有名企業による採用は上位大学の寡占状態であることが間違いないようだ。
.

 子どもを人気企業に入社させたいと思うのであれば、やはり難易度の高い大学に進学させた方が有利ということなのか。もちろん、そこに進学したから、全員がこういった企業に入社できるわけではない。少子化の影響から、外国人の採用も一般化してきており、大学進学後もしっかり学び、自分を磨いていくことが大切だ。昔のように、大学に進学したから就職は安泰、という時代はとっくに終わっている。

[東洋経済オンライン 10/6(金) 9:00配信]

275-1.png

2017/10/05
2018年度英検の試験日程を公開、第1回は6月
 日本英語検定協会は、2018年度の英検試験日程を公開した。一次試験について、第1回は2018年6月3日、第2回は2018年10月7日、第3回は2019年1月27日(いずれも本会場)。受付期間は未定で、決まり次第公開される。

 英検の級は1級・準1級・2級・準2級・3級・4級・5級で、4級と5級は一次試験のみ、3級以上の級は一次試験と二次試験を実施する。一次試験は、2級から5級までが本会場または準会場にて実施し、1級・準1級は本会場のみで実施。また二次試験はすべての級が本会場のみで実施。二次試験は受験者の団体区分・年齢区分や受験級などにより、A日程とB日程に分かれる。

 2018年度第1回検定の一次試験は、本会場で2018年6月3日、準会場(すべての団体)で2018年6月2日・3日、準会場(中学・高校のみ)で2018年6月1日に実施。二次試験は、A日程が2018年7月1日、B日程が2018年7月8日に実施。本会場と準会場の区分、A日程とB日程の区分については、日本英語検定協会のWebサイトに詳しく掲載されている。

 また、海外受験会場の日程についても公開している。会場は、ロンドン・ニューヨーク・ロサンゼルス・ホノルルの4か所。なお、試験日や検定料などが日本国内とは異なるため、「海外受験会場案内」のWebサイトで情報を確認すること。

◆2018年度英検試験日程
【第1回検定】
一次試験:本会場/2018年6月3日(日)、準会場(すべての団体)/2018年6月2日(土)・3日(日)、準会場(中学・高校のみ)/2018年6月1日(金)
二次試験:A日程/2018年7月1日(日)、B日程/2018年7月8日(日)

【第2回検定】
一次試験:本会場/2018年10月7日(日)、準会場(すべての団体)/2018年10月6日(土)・7日(日)、準会場(中学・高校のみ)/2018年10月5日(金)
二次試験:A日程/2018年11月4日(日)、B日程/2018年11月11日(日)

【第3回検定】
一次試験:本会場/2019年1月27日(日)、準会場(すべての団体)/2019年1月26日(土)・27日(日)、準会場(中学・高校のみ)/2019年1月25日(金)
二次試験:A日程/2019年2月24日(日)、B日程/2019年3月3日(日)

[リセマム10/4(水) 15:45配信]
2017/10/04
【大学受験】2017年度の面接実施状況、京大ほか138大学の内容公開
 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は10月2日、2017年度の国公立・私立大学面接試験実施状況を公開した。実際に受験した先輩たちのアンケートをもとに、面接形式、時間、質問内容を掲載し、大学・学部によっては具体的なアドバイスや感想も紹介されている。

 面接試験はほとんどの推薦入試やAO入試のほか、一般入試でも医学部を中心に実施されるという。Kei-Netは「面接対策」ページに、国公立85大学・私立53大学の2017年度面接試験実施状況をまとめて公開。「北海道・東北」「近畿」など、所在地区から大学を検索できる。なお、受験した先輩たちの報告をもとにしているため、面接を課しているすべての大学・学部を網羅しているわけではない。

 たとえば、京都大学医学部(医学科)前期では、面接官2人による10分の個人面接を実施。質問は「大学、医師の志望理由」をはじめ、「高校時代の部活動」「大学で所属したい部」「高校時代の思い出」など。AとBの二段階評価であるため、気楽に受ければよいとのアドバイスも記載されている。

 東北大学医学部(医学科)前期では、面接官1人による5分の個人面接を5回実施。そのうち3回は、前日に実施される小作文についてのものであったという。質問は「大学、医師の志望理由」のほか、「東北大学の良い点を3つ、悪い点を1つ、改善点」「東北大学の魅力を伸ばす手段」など大学に関するものや、「最近うれしかったこと」「人に感謝されたエピソード」「人間関係でトラブルがあったのはどんな時か」など。小作文のテーマについても紹介している。パンフレットをよく見ることや、小作文の内容についてしっかり考えておくようアドバイスしている。

 慶應義塾大学医学部(医学科)では、面接官2人による10分の個人面接を2回実施。質問は「大学、医師の志望理由」のほか、「併願校と志望順位」「出身高校の特色」「自分の短所」「生い立ち」「苦手な人とどう接したか」「本学のカリキュラムでひかれたところ」「今の医療で改善できるところ」などさまざま。事前に書いた調書に沿った質問内容であったという。

 このほか、Kei-Netでは「面接対策」ページに、「面接試験の突破口を探せ!」と題した面接の基礎知識と対策方法をまとめた記事を掲載している。 また、2014年度から2016年度までの面接試験実施状況も公開している。

[リセマム 10/4(水) 12:45配信]
2017/10/02
「あの校長は尊敬に値する」と林修が絶賛した「本当の教育」
 政治的にセンシティブなテーマである従軍慰安婦問題。このテーマを掲載した教科書を使っている学校に対して、抗議のハガキや政治的圧力があった。

 これに対し、神戸市の私立灘中学の和田孫博校長は、「検定教科書の中から選択しているのになぜ文句が出るのかわかりません。もし教科書に問題があるとすれば文科省にお話し下さい」と答えたという。

 この件に関して、和田校長がとった行動を、予備校教師でタレントの林修が、9月24日放送の『林先生が驚く初耳学』(TBS系)にて絶賛していた。

 まず、林は「この慰安婦問題について、そもそも大韓民国よりの主張を認めている人間ではない」と前置きをしながら、このように語り始めた。

「これをどういうふうに教えればいいかということについても、専門家が話し合って決めるべきことだと考えています。

(灘中学は)検定を通った教科書の中から選んでるんですよ。つまり、(検定を通った)この8種類であるならば、教育の現場で使っていいと、専門家の方々が決めたものなんです。これならいいと言われた範囲のなかから選んでいるのに、なぜ第三者がそこにぐちゃぐちゃ言うのか」

 さらに、灘や他の学校がこの教科書を選んだ理由をこう推測していた。

「ふつうの教科書は中学3年間で教えきることを目標としているので、高校受験に直結するように、知識が簡単にまとめてあるものが多い。ところが灘の場合は中高一貫ですから、6年間かけてじっくり教えればいい。同様に採用している麻布とか慶応もみんなそうなんです。

 そういうことを考えると、じっくりと教えやすい教科書だから選んだというだけなんです。慰安婦問題が載っているから選んだわけではない」

 ここから、林は少し語気を強めて、こう語っていた。

「にもかかわらず、市会議員からか、県会議員からか、圧力がかかったと。ここからは個人的意見ですけど、兵庫県の県会議員とか市会議員は、大声で泣いたり、いろんな発注したりとか、なんなんだろうって。もちろん全員じゃないんでしょうけど」

 圧力に対し、和田校長がとった行動を、林は「教育のあるべき姿」と評価する。

「『こういうふうに圧力がかかっているよ』と、極めて冷静な形で示された。屈することなく、静かに戦う姿勢を見せた。

 向こうがどういう状況でこういうことを言ってるのか、ということをきちんと調べられたうえで、状況を整理して、そして決して高ぶらせることなく『これについては、私たちは何も間違ったことをしていない』と、堂々と発表された。

 こういう姿を見せることが、ぼくは教育だと思うんです。

 これを受け取った生徒たちは、『あ、うちの校長って、きちんとこういうことができる人だな』って。そういう経緯があって、また頑張ろうと思うようになる」

 さらにこのように語っていた。


「戦後、日本は自由な世の中だと言われて、いろいろな発言ができると思われてました。ところが、いつの間にかいろんなことに対して忖度しなければならなくなった。

 でも、こういう圧力がかかったときに、どう立ち向かうのがいいのか。その戦い方、静かに戦う姿勢を見せてくださったこの和田校長は、本当に尊敬に値する」

 予備校の夏期講習で、この件について林が灘の優秀な生徒に「やっぱりいい学校で教育を受けてるね。本当にいい先生だよ」と話しかけたところ、「そっすか」と言いながら、ニタっと笑ったという。林は「やっぱりわかってくれるんだな」と思ったという。

 和田校長の “教育” は、生徒にしっかり届いているのだろう。

[FLASH 10/1(日) 16:00配信]
2017/09/30
国公私立別・医学部合格者数ランキング 生徒数が少ないのに上位に入った高校とは?〈dot.〉
 医学部に強い高校をみる指標としては、一人の生徒が複数校に合格できない国公立大医学部の合格者数でランキングするのが一般的だ。しかし、私立専願の生徒もいるし、首都圏では地方の国公立大と首都圏の私立大に合格した場合、自宅から通える私立大を選ぶケースも多い。


 週刊朝日ムック『医学部に入る 2018』では、「国公立大」と「私立大+防衛医科大」それぞれの合格者数の高校ランキングトップ40を調査。表にまとめたので、ぜひ見てほしい。

 国公立大のランキングでランクインした公立校は11校。私立大のランキングでは日比谷(東京)のみだ。中高一貫校の医学部合格者数“上位独占”は、今年も続いているといえる。

 ここでは「西日本編」として、近畿から九州・沖縄までの「医学部に強い高校」をお届けする。
.

*  *  *
■近畿

 国公立大医学部が9大学、私立大医学部が4大学あり、医学部志向が強いエリアだ。

 国公立大のトップ10に、2位の灘(兵庫)、3位の洛南(京都)、8位の甲陽学院(兵庫)、9位の東大寺学園(奈良)と、4校もランクインしている。すべて私立の中高一貫校だ。

 灘は卒業生数が220人と多くないが、毎年、難関医学部に多数の合格者を出している。東大の合格者95人のうち19人が理III、京大の合格者39人のうち21人が医学部だ。

 甲陽学院も卒業生が212人と少ないが、毎年、50〜70 人ぐらいが医学部に進学する。17年は東大1人、京大7人、大阪大10人、神戸大5人など55人が国公立大に合格した。「東大人気が戻ってきて、今年は東大に39人合格しましたが、医学部は依然高い人気。中学入学の段階で、医師になりたいと考えている生徒が少なくないです」(杉山恭史進学資料室長)

 トップ40に入った高校で、灘や甲陽学院のように、卒業生数が220人以下なのは、216人の東大寺学園、215人の洛星(京都)、186人の大阪星光学院(大阪)、174人の白陵(兵庫)。合格者数だけではなく、卒業生の数にも注目したい。

■中国・四国

 国公立大のトップ40 に入ったのは6位の愛光(愛媛)、14位の広島学院(広島)、24位の岡山白陵(岡山)、26位の土佐(高知)、37位の高松(香川)の5校で、県立は高松(香川)だけ。あとの4校は私立の中高一貫校で、このうち広島学院以外の3校には寮がある。

 愛光は、男子生徒の約半数が寮に入っている。母親と一緒に松山に移り住む女子生徒もいるという。

「全国から生徒が集まっているため、出身地の大学、旧帝大、国公立大学ならどこでも、などの希望をかなえるため、全国の医学部の入試制度や入試問題を研究しています」(和田誠教育企画室長)

 愛媛大19人、東大3人など61人が国公立大医学部に合格。私立大にも59人が合格し、10位にランクインした。

■九州・沖縄

 国公立大のトップ10に3校がランクイン。4位の久留米大附設(福岡)は、私立大も14位と上位だ。

「国公立大医学部の合格者数は開校以来最多の78人です。例年、一学年約200人の生徒のうち3分の1ぐらいが医学部を目指します。17年は現浪あわせて、国公立と私立の医学部に90人以上が進学しました」(名和長泰教頭)

 久留米大附設より1人少ない77人で5位なのがラ・サール(鹿児島)だ。東大にも理IIIの3人を含む40人が合格している。

「文系と理系の生徒の割合によって、医学部の合格者数が変わります。昨年より文系が増えましたが、理系では変わらず医学部が人気ですね」(谷口哲生副校長)

 10位の熊本(熊本)は、2年連続で公立トップだ。05年から17年までの間に9回もトップになった。52人の合格者のうち約半数の25人が地元の熊本大に合格している。

 高3の英数国の教科書を高2で終える中高一貫校に対抗するために、3年の1学期までに教科書を終了する。40年以上前から実施している「校内模擬試験」の成績をもとに、7月と12月に行われる進路検討会で、志望大学の合格可能性などを検討する。

 九州の公立高校全体のレベルをあげるため、沖縄県を除く各県の県立校7校で「九州地区関係高等学校連絡協議会」を作り、持ち回りで授業参観などを行っている。

(文/庄村敦子)

※週刊朝日ムック『医学部に入る 2018』から抜粋

[AREAdot. 9/29(金) 7:00配信]

271-1.png

- Topics Board -